コロナ禍で重要度が増した手洗い設備


この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

新型コロナウイルス対策に大切なこと

しっかりと手洗いする

 既報のとおり、新型コロナウイルス感染防止には手洗い、うがいが有効であるとされています。

それに伴い、手洗いに対する意識が高まっているという調査結果がTOTO(株)から出ています。※1

オフィスは長い時間を過ごす場所ですので、トイレ、手洗いに行く回数も増えます。また、多数の方が利用するので、衛生面も気になりますよね。

しっかりと手洗いをし、清潔に保つためにはトイレ設備が大きくかかわってきます。

オフィスのトイレは安心、安全に利用できることがとても大切ですね。

 

コロナ対策としてトイレ、洗面設備に望むこと

ポイントは「触らない」こと

TOTO(株)の別の調査では「オフィストイレを安心して使うために必要な設備」において、自動水栓、お湯が出る水栓、自動水石けん供給栓など、非接触のタイプを望む結果が出ています。

改修される場合は、非接触型の機器をおすすめ致します。特に、温水が出るタイプの自動水栓がおすすめです。

画像提供:TOTO株式会社

トイレ改修は費用対効果が高い

テナントリーシングにおいて、より早く空室を埋めるための施策として、トイレや給湯室の改修は費用対効果が高い施策の一つといわれています。

それは、移転先オフィスを検討する際に、女性の意見として、トイレ設備が重要視されてきたためです。

ご要望として多いのは、トイレが男女別に分かれていること、自動水栓、十分なスペースがあることです。貸室の中ではなく、廊下などの共用エリアにあることを必須条件として探されているケースもあります。

最近の新築オフィスビルではトイレに力を入れている事例が多く見受けられます。

大規模ビルでは女性のパウダーコーナーを充実させています。20坪程度の小規模ビルでも男女別トイレが標準になってきています。

トイレ設備の評価は社員のモチベーションにもつながるようです。

トイレを快適にすることにより、社員や来客からもオフィス評価を高めることができます。また、働く女性にとってトイレ環境は非常に大事な空間であるといわれています。

快適なトイレに求められる条件

・悪臭などがなく清潔に保たれている
・社員数に対してトイレの数が適切である
・男女別である
・音が漏れない工夫がされている
・自動洗浄便器

衛生的なトイレ空間とは

菌の温床は圧倒的に濡れた所から多く検出されているとの測定結果があります。また、洋式トイレよりも圧倒的に和式トイレの方が菌は多くなります。靴に付着して菌が広がることが考えられます。そのため和式の場合は、より感染リスクの低い洋式と乾式清掃への改修をお勧めいたします。

そして、手洗い後は器具に触れないことがとても重要になりますので、自動水栓、自動水石けん供給栓など非接触の器具にすることや、また、トイレ出入口をドアレスにすることや洗面器具数の増設などによりトイレ空間の密閉や密集を避ける対策としてあげられます。

トイレ・手洗い診断

以下の項目にあてはまるものがあれば、この機会に改修をご検討されてみてはいかがでしょうか。

トイレ改修はビルの資産価値向上につながります。テナント、ワーカーの皆様にも喜ばれ、さらに、節水・省電力化も期待できます。

□ 竣工から15年以上経過している

□ 温水洗浄便座になっていない

□ 和式便器がある

□ 手動水栓、水石鹸

□ 手動式洗浄レバー

□ 手洗いにお湯が出ない

以上となります。

ご不明点や、気になる点などございましたらお気軽にご相談ください。

【連絡先】
株式会社スリースター
マーケテイング部 福田
03-6432-4100

※1.2020年10月1日付ニュースリリース:「日本の人々の公衆トイレでの手洗い等の調査」結果公表より


関連記事

記事がありません
運営会社・お問合せ

 

 

株式会社スリースター

東京都港区西新橋3-23-6

マーケティング事業部

電話:03-6432-4100