【最新・オフィス探しのポイント】時代とともに変化するオフィスニーズとは?


この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

 

ウィズコロナ、アフターコロナによって、各大手不動産会社がテナントのワークスタイルの変革に伴い、フレキシブルな個室型スモールオフィスを拡大し、『センターオフィス(ヘッドオフィス)』『セカンドプレイス(自宅)』『サードプレイス(CAFE)』などに対応し、展開しています。

一方、テナントの求めるオフィスの在り方とは本来どうなのでしょうか?

今回は、時代とともに変化しているオフィスニーズについてお話させていただきます。

 

一番人気の問い合わせとは?

弊社へお問い合わせ頂くお客様は、サービスオフィス・スモールオフィスにて一時しのぎを検討したいという方も多く見受けられます。

しかし今一番多い問い合わせは、弊社で展開しているVIVITというサイトで取り扱っている『居抜き』物件です。

 

↓居抜きについての詳細はこちら

居抜きオフィスの注意ポイントとは!?

 

なぜ『居抜き』物件が人気なのか

どうして居抜きにより退去や入居が多く検討されているのでしょうか?

このご時世もあり、縮小移転の案件によるものが多いのですが、なによりもテナントは現在利用されている『原状回復費用』、移転先での『入居内装造作費用』のコストをいかに減らせるかを考えているからです。(原状回復費用の小・中規模オフィス坪単価3万円~7万円、大規模オフィス坪単価8万円~12万円)、入居内装造作費用平均1坪当たり10万円~20万円)

上記の参考価格を見てみると、現ビルの退去費用、移転先の入居工事費用が浮かせることがいかに賢明な判断かお判りいただけるかと思います。

大手不動産会社では、建物管理する子会社を内装工事指定業者とし、原状回復工事費用をグループで収益確保されるケースが多いため、居抜き退去のメリットを感じていない様子なのですが、昨今の居抜き需要から、ダウンタイムの無い次テナントの誘致を図るため、居抜きでの退去を認め始めました。

オーナーでの注意事項としては、テナントの内装造作による資産管理、建物設備の区分をしっかりと分けておけば、さほど問題にはなりません。

ある物件では現状引き渡しを行い、クリーニング程度で退去を約束→テナントはDIYによる自由工事(勿論、内装工事をどのように行うかはオーナーに事前承諾を得る)で気軽に入居出来たケースもあります。

 

近年、積極的に居抜きでの募集を行うオーナーも出てきました。

居抜き物件とは、唯一無二・オンリーワンなオフィス空間でテナントも興味を示す為、問い合わせが多いのです。

保有物件で、退去予告が出ているならば契約満了期間までの間だけでも募集してみては如何でしょうか?

居抜きでの募集を登録する(オフィスの写真をアップロードするだけ!)

 

また、募集代行、窓口業務も無償にて請け負っております。

弊社のお客様だけでなく、仲介業者様との横とのつながりも大事にしておりますので、幅広く募集告知が行えます。

毎月の一覧配信、TOPIXの新規物件情報配信など積極的に行わせて頂きますので、お問合せ下さい。

〈お問合せ先〉

株式会社スリースター

カスタマーチーム

TEL:03-6432-4100

MAIL:customer@tstar.co.jp


『スリースター公式LINE』開設!★

こちらから友だち追加→lin.ee/jVu3rUK

 オフィスターの各サービスがLINE一つで解決!
・流行の居抜き・リノベの最新状況を配信
・新着オフィス物件・お役立ち情報を配信
・内覧の手配も簡単スムーズ


運営会社・お問合せ

 

 

株式会社スリースター

東京都港区西新橋3-23-6

マーケティング事業部

電話:03-6432-4100