オフィスの仲介業者を選ぶとき気にしておくべきこと

オフィス画像

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

オフィス移転を考えるとき、直接デベロッパーに依頼するのでなく、仲介業者を頼る方法も有効です。直接依頼でカバーできない部分も、仲介のプロに任せることでより満足度の高いオフィス選びが期待できます。とはいえ、仲介業者と一口にいってもその種類はさまざまです。自社にとって理想的であるか、また信頼のおける業者であるかなどをしっかり見極めることが大切です。以下では、そんなオフィス仲介業者を選ぶ際のポイントについてまとめています。事前に目を通して、満足度の高いオフィス移転を実現してみてください。

 

オフィス仲介の仕組み

オフィス仲介とは、その名の通り、賃借人(テナント)と賃貸人(オーナー)を仲介するサービスです。このサービスを行っているのが不動産仲介業者です。ただ間をとりもつだけの存在ではなく、オフィスを探してくれる業者と考えておくと良いでしょう。希望する立地、広さ、設備、賃料などの条件を相談すれば、仲介業者は独自のネットワークを通じて最適な物件を探してくれます。

またテナント企業にとって助かるのが、スケジュールについてです。オフィス移転は一般的な住居引っ越しと異なり、とても大掛かりです。引っ越しでさえ多くの準備が必要となるわけですから、オフィスともなるとその比ではありません。規模によっては、半年や一年以上の準備期間を要する場合もあるほどです。かといって、最初から明確なスケジュールを割り出すのは難しいでしょう。オフィス移転のプロではない一般企業などでは、綿密に計算しても誤差は出てくるはずです。そうなると、移転どころか本来の業務にまで影響が懸念されます。仲介のプロである業者に任せれば、過去の経験や専門知識を踏まえ、正確性の高いスケジュールを提示してくれることでしょう。この点もまた、オフィス仲介業者に依頼する大きなメリットとなります。

 

仲介業者を選ぶポイント

数ある仲介業者の中から、どのようにして自社に適した業者を選べば良いのでしょうか。仲介業者には、それぞれの特徴、個性があります。ポイントを押さえて、理想的な業者を見つけられるとより高い満足感へと繋げられます。以下、重視すべきポイントを厳選してご紹介します。

物件の豊富さ

まずひとつに、物件の豊富さが挙げられます。選択肢が広がるため、より希望条件に合ったオフィスを見つけやすくなります。また取り扱い物件の豊富さは、その業者の力の表れともいえます。実績や信用があるからこそ多くのオーナーが仲介を任せているわけですから、テナントとしても信頼が感じられます。

実績の多さ

実績の多さも注目しましょう。業者のホームページでは、実績数や主要取引企業などが紹介されていることも少なくありません。また、直接聞いても良いでしょう。前述でも触れていますが、実績は信頼を測る大きな要素です。有益な情報となるでしょう。

サービスの提供範囲

サービスの提供範囲も、ポイントとなります。ある一点に特化した業者よりも、幅広い希望をカバーできる業者の方が理想的です。それにより、柔軟な対応やプラスアルファの提案が期待できるほか、単純に業者の力を窺い知ることにも繋がります。

コンプライアンスの知識

近年のオフィス選びにおいては、コンプライアンスへの知識も忘れてはなりません。特に重視される風潮になってきているため、遵守は必須項目ともいえます。主な項目としては、建築基準法・健康増進法・労働基準法・労働安全衛生法・消防法、その他避難経路や安全対策面などがあります。これらに精通しているかどうかは、信用度を窺うポイントとなるでしょう。

営業担当

最後に、担当するスタッフについても注目すべき部分として挙げられます。営業担当の人柄や対応の丁寧さなどを見極めましょう。個性は人それぞれとはいえ、対応の仕方ひとつで仕事ぶりも窺うことができます。何となく感じが悪い、目線が定まらない、その程度の要素であっても、信頼できないと感じてしまえば気持ちの良い取引をするのは難しいかもしれません。仲介業者とはいえ、結局は人と人の付き合いです。こだわって見極めてみてください。

 

【お問合せ】

電話:0120-733-383

☆ ☆ ☆ オ フ ィ ス 物 件 サ イ ト ☆ ☆ ☆

賃貸オフィスの検索はオフィスターへ

【ブログ会員登録(無料)について】

会員登録(無料)をして頂くと、注目物件のパンフレットをダウンロードできます。

また、定期的にメールマガジンを配信させて頂きます。

賃貸オフィス・賃貸事務所のオフィスター


関連記事

記事がありません
運営会社・お問合せ

 

 

株式会社スリースター

東京都港区西新橋3-23-6

マーケティング事業部

電話:03-6432-4100