今月の賃貸オフィス市場・市況感(2017年6月末)

2017年6月末のオフィス市況数値

こんにちは。スリースターの福田です。

東京エリアの賃貸オフィスの2017年6月末時点の数字をまとめました。

東京主要5区の空室率

2017年6月末の東京主要5区の平均空室率は 3.66%(前月比▲0.24)でした。

先月から4%を切りましたが、さらに空室が少なくなっています。

空室率が低い順で見ると、以下になります。

主要5区平均 3.66% (前月比▲0.24%)
1.新宿区 1.93% (前月比▲0.13%)
2.渋谷区 2.08% (前月比▲0.26%)
3.千代田区 3.35% (前月比▲0.32%)
4.港区 4.36% (前月比▲0.15%)
5.中央区 5.18% (前月比▲0.38%)

ついに新宿区の空室率が2%を下回りました。

100坪以上の募集物件数を見ると、新宿区と渋谷区では50棟ずつくらいしかありません。
千代田区や中央区、港区はそれぞれ120~160棟くらい募集がありますので、
かなり少ない状況と言えます。

東京主要5区の平均賃料

続いてオフィス賃料の平均です。
主要5区の平均賃料は19,084円(+59円)でした。

平均賃料が高い順でみると、以下になります。

主要5区平均 19,084円 (前月比+59)
1.渋谷区 21,739円 (前月比+31)
2.千代田区 20,126円 (前月比+244)
3.港区 19,430円 (前月比+364)
4.中央区 17,868円 (前月比▲180)
5.新宿区 16,626円 (前月比+16)

千代田区の平均賃料が2万円を超えています。
丸の内エリアの募集物件や、新築ビルの竣工が要因かと思われます。

新宿区は、高層ビルの募集が少なく、さらに新築ビルも少ないため、
募集賃料を平均すると低くなっている状況です。

新築ビルの内定状況は、少し止まってきたかなという感覚です。
2次空室の物件も出てきていますが、エリアによっては苦戦している模様です。

【お問合せ】

電話:0120-733-383

☆ ☆ ☆ オ フ ィ ス 物 件 サ イ ト ☆ ☆ ☆

賃貸オフィスの検索はオフィスターへ

【ブログ会員登録(無料)について】

会員登録(無料)をして頂くと、注目物件のパンフレットをダウンロードできます。

また、定期的にメールマガジンを配信させて頂きます。

賃貸オフィス・賃貸事務所のオフィスター

 





新着物件お知らせ機能を追加!!
居抜きオフィスサイト「vivit」

居抜きでのオフィス移転をサポートします!居抜き物件を見るには無料会員登録を!







おしゃれオフィスがいっぱい!!
セットアップオフィスサイト「RAKNA」

おしゃれなオフィスに簡単に入居できるセットアップオフィスは様々なメリットがあります!







都心最大級の物件数。エリアや面積から検索可能
オフィス検索サイト「officetar」

約6万棟以上のオフィス物件情報を網羅。エリアや路線、面積から物件を検索、絞り込むことが可能です。




ABOUTこの記事をかいた人

宅地建物取引士 1980年生まれ。 工学部建築学科卒 2002年に新卒でオフィス仲介会社に入社。 前職では東京、仙台で勤務していました。 出身:東京都 趣味:週末はキャンプにいってます。 担当:以前は仲介担当でしたが、現在は広報関係が中心です。通常オフィスのセットアップオフィス化。居抜きでの入退去関連の情報収集なども行っています。