新型コロナウイルスに対する国内什器メーカーの戦略とは(イトーキ編)


この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

緊急事態宣言が解除され、経済活動が再開されてきました。

オフィスにも人が戻りつつありますが、心理的安全性と物理的安全性をどうのように確保するのか。

国内大手什器メーカーが発表しているレポートを紹介させていただきます。

今回はイトーキさんのレポートです。

株式会社イトーキ

本社所在地:東京都中央区日本橋2-5-1 日本橋髙島屋三井ビルディング

以下はレポートからの転載です。

緊急事態解除後の働き方について

ワーカーがオフィスに戻り、感染回避と経済活動が同時に行われるフェーズ

POINT:感染防止と生産性向上を目指す

①働くルールの設定

②働く環境の整備

③「働く」を支えるICT支援の検討

1.働くルール

心理的・物理的安全性を保ち、多様な働き方を安心して選択できるためにも”働くルール”づくりが大切です。

”働くルール”を整備し、企業としてワーカーへ安全性を伝えることが、様々な状況下にあるワーカーの安心感につながります。

1.働き方の基準を整える

ワーカーが安全に活動するルールと生産性を減らさない活動基準で考えます。

安全基準

  • オフィスjへの出勤制限ルールを定める
  • 在宅勤務のルールを定める
  • 個人が行う衛生トレーニングルールを定める
  • 会社が行う清掃・洗浄ルールを定め、公開する

行動基準

  • コラボレーションを減らさない
  • デバイスや備品を再整備し安全に効果的に
  • 席の運用をエリア毎に制限しワーカーに選択権を与える
  • 大事にすべきコミュニティづくりを促す

 

2.働く場の基準を整える

  • 距離を保つ
  • 接触を減らす
  • 清潔を保つ
  • 健康を保つ

2.働く環境

モデルレイアウトでの考察

オフィスデザインで考慮すべきこと

オフィスに帰ってくるワーカーは、密な接触だけでなく、働き方自体に不安を抱えています。

座席についても、固定・フリーアドレスなど様々な運用をしている中で、各エリアごとの工夫により、安心・安全な働く環境をつくる必要があります。

最も密度が高くなりやすいDeskエリアと、会話が発生しやすいCommunicationエリア、リモートワークにより新たに付加が必要となるPlusエリアの3つに分類し、各エリアごとに解決できるアイデアをご紹介します。

 

3.「働く環境」を支えるICT

ICTを使ったオフィスの利用状況把握による防疫対策

1.接触を減らす

  • スケジュール管理システムで、”明日オフィスに何人出社するか”を把握する

2.距離を保つ

  • センシングによるワーカーの密度の可視化

3.健康を保つ

  • 入室管理システム×スケジュール管理システムによるワーカー同士の接触履歴

4.円滑なリモートコミュニケーションの実現

  • リモート会議ブース
  • パネルブース
  • 共有モニター

 

ご紹介は以上となります。

より詳しい内容はホームページをご覧ください。

イトーキホームページ:https://www.itoki.jp/

ダウンロードURL:https://www.itoki.jp/catalog/pdf/itoki_post_corona_workplace_guide_book_v1.pdf


運営会社・お問合せ

 

 

株式会社スリースター

東京都港区西新橋3-23-6

マーケティング事業部

担当:福田

電話:03-6432-4100