都心主要エリアの再開発マップ(PDF無料ダウンロード)


この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

 

東京の都心ではあちらこちらで建築工事を見かけますよね。

「ここにはどんな建物ができるんだろう?」

「この工事はいつまで続くんだろう」

「次は新築のビルに移転したいな」

などなど、ご興味ございましたらご参考にしていただければ幸いです。

記載している情報は、歩いていて見かけた建築看板や、各デベロッパーのプレスリリース、不動産仲介業者としていち早く入手できた情報などを記載しています。

【東京エリアのオフィスビル供給量(森ビルホームページより)】

東京都心エリアの新築オフィスビルの供給は、2020年は172万㎡、2021年は57万㎡、2022年は50万㎡、2023年は132万㎡が計画されています。過去の実績平均は年間103万㎡とのことですので、2020年と2023年は大量供給の年と言えます。再開発マップでは、各エリアで注目の新築ビルをまとめています。

新橋・虎ノ門エリア

日比谷線の新駅「虎ノ門ヒルズ」駅が開設される虎ノ門エリアは開発案件が集中しています。

虎の門駅に直結する「東京虎ノ門グローバルスクエア」や、虎ノ門ヒルズの北側に建つ「虎ノ門ヒルズビジネスタワー」、虎ノ門パストラル跡地の「東京ワールドゲート」、ホテルオークラのオフィス棟「オークラプレステージタワー」などは注目です。

また、浜松町エリアでも大型開発が進んでいます。竹芝エリアの開発が2020年に竣工し、さらに数年後には世界貿易センタービルや東芝ビルの建替えも計画されています。

10年後には、駅も含めて浜松町駅周辺は大きく変貌するものと思われます。

 

東京駅周辺エリア(丸の内・八重洲・日本橋・京橋)

東京駅周辺は丸の内側、八重洲側ともに新築計画が多数あります。

特に八重洲側は大規模再開発が連続しており、地下街やバスターミナルなど、交通の利便性も向上する計画です。数年後には八重洲口を出たときの景色が一変していることでしょう。

八重洲エリアは小規模ビルが密集しているので、建物の配置を整備することで、災害対策としても効果があると思われます。

 

 

田町・品川エリア

2018年から2020年は田町駅周辺の開発が目白押しです。2018年に田町駅東口(芝浦側)に「ムスブ田町・田町ステーションタワーS」が竣工しました。東口の駅前がようやく整備され、利便性向上が期待できます。2020年には田町ステーションタワーNが竣工予定です。

また、JR山手線の新駅が2020年に暫定開業する計画があり、新駅周辺や泉岳寺駅周辺の整備も期待されています。

 

 

四ッ谷・麹町・半蔵門エリア

四ッ谷駅前の新宿区側の大規模再開発が注目されています。約5,500坪の敷地に高層ビル、住宅棟、教育施設などが配置されます。四ッ谷駅は利便性が高い割に、開発されていないエリアでしたので、開発が楽しみですね。

麹町・半蔵門エリアには中規模の新築計画も複数あります。

 

 

新宿・渋谷エリア

新宿エリアでは西新宿に久しぶりに開発案件が出てきています。東口エリアではオフィスビル関連で目立った開発はなさそうです。

渋谷駅周辺は新築オフィスが大量供給される計画ですが、好調なIT企業が集積していることもあり、入居テナントの内定も順調に進んできている模様です。

 

 

以上となります。

新築オフィスビルのテナント募集について、気になる物件がございましたらお気軽にご質問ください。

募集状況や賃料の目安など、可能な範囲でお伝えさせていただきます。

 

【お問合せ】

電話:0120-733-383

マーケティング事業部 福田 勇人

 


運営会社・お問合せ

 

 

株式会社スリースター

東京都港区西新橋3-23-6

マーケティング事業部

担当:福田

電話:03-6432-4100