オフィス移転時に不用品を処分する方法

オフィス移転時に不用品を処分する方法

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

 

オフィス移転では、移転後のオフィスをそれまでのオフィスと同じように使えるとは限りません。今までのオフィスで使っていたものを処分する必要も少なからず出てくるでしょう。では、オフィスの移転に伴う不用品を処分するためにはどのようにしたらよいのでしょうか。不用品の処分に伴う役立つ情報をご紹介します。

 

オフィスの不用品はどう処分する

オフィスの不用品はそのまま捨ててしまうこともできますが、大型のものになると捨てるのにも費用が発生します。各自治体の粗大ごみとして出すのか、不用品回収業者に引き取りを依頼するのか方法は様々ですが、ごみとして不用品を処分する場合には、費用がかかるため、転居の際には処分費用も取り分けておかなければなりません。

また、まだ使えるオフィス用品を処分する方法として注目されているのがリサイクル業者に買い取ってもらうことです。リサイクル業者でなくてもオフィス移転業者が古物商認可を持っていることもありますので、事前に確認してみるとよいでしょう。買い取り可能な品目も業者によって違いますし、業者がその時に買い取りに力を入れているものが何かによっても買い取りの査定額には差ができます。買い取り業者をいくつか選択して一番条件の良い買い取り業者と取引することで、より高値で売却できるチャンスが広がるでしょう。

具体的な処分方法

オフィスの不用品といっても大きなものから小さなものまで様々です。それぞれに処分方法が異なるため、種類別の具体的な処分方法についてご紹介します。

什器類

オフィス家具の処分時に注意しておくべきことは、ごみの種類をしっかりと確認しておくことです。事業に関係して排出されるごみは事業ゴミと呼ばれ、事業者の責任で処理することが義務として定められています。オフィス家具の不用品はほとんどの場合、事業系一般廃棄物という分類になります。主に、ソファーやテーブルなどといった大型のものです。こうした不用品を処分する場合には一般廃棄物収集運搬業者に依頼して処分することが必要です。

しかし、オフィス家具の中でも金属製のロッカーや、パーティションなどは金属くずとして産業廃棄物扱いになる場合があります。産業廃棄物は専門の認可を受けた業者に委託して、適正に処理しなければなりません。こうした大型の廃棄物の処理をいい加減に行ってしまうと、後々大きなトラブルともなりかねませんので十分に注意しておきましょう。

 

オフィス機器

オフィス機器と呼ばれるものにはパソコンや電話、複合機などの機器があります。こうした機器は一般のごみとして出すことはできず、資源有効利用促進法に基づくリサイクルの仕組みが作られています。多くの場合、PCリサイクル法に基づき、無料で引き取ってもらうことが可能です。OA機器を処分する際には、不用品回収業者によっては買い取りをしてくれることも少なくありません。不用品回収業者であれば、パソコン内のデータの消去も任せることができますし、不用品がたくさんある場合でもまとめて整理してもらうことができるので、一括してお任せしてしまうことも可能です。

 

その他大型のもの

その他のごみや廃棄物に関しては、処分する物品よって依頼する業者が変わってきますので、自治体に相談したほうが確実でしょう。廃棄物として出す時には、有料になる可能性もあります。まずは、その不用品が何に分類されるのかを把握しましょう。

 

買い取りのポイント

オフィスでの不用品を処分する方法として、買い取りをしてもらう方法があります。ぜひ有料で処分する話を進める前に、オフィス用品のリサイクル業者へ、買い取りの見積もりを依頼しましょう。ごみとして扱うにはまだ早い、使える不用品がある可能性は決して低くはありません。

中古品として再利用できるものはもちろん、再利用はできなくても再資源化が可能なものは資源として買い取ってもらうことができます。また、オフィス移転業者によってはこうした買い取りの査定や、引き取り料金も込みでの価格設定になっているところもありますので、各社を比較してキャンペーンなどで割引プランなどがある業者を選んでも良いかもしれません。

このように、オフィスの移転に伴って発生する不用品の処分にはそれなりの費用が発生します。上手にリサイクル業者を利用して、できる限り廃棄にお金がかからないよう、むしろ手放すことによってお金が入ってくるように検討しましょう。とりわけ、オフィス移転の際にまとまった量の不用品が生じる可能性が濃厚な場合は、オフィス移転業者に依頼して対応してもらうのがおすすめです。対応範囲や対応内容など細かい点も十分に確認した上で、各社のサービスを比較検討することが大切です。そのためにも、移転の日程には十分に余裕を持っておきましょう。

 

オフィスに関するご相談はお気軽にどうぞ

【お問合せ】

電話:0120-733-383

☆ ☆ ☆ オ フ ィ ス 物 件 サ イ ト ☆ ☆ ☆

賃貸オフィスの検索はオフィスターへ

賃貸オフィス・賃貸事務所のオフィスター

【ブログ会員登録(無料)について】

会員登録(無料)をして頂くと、注目物件のパンフレットをダウンロードできます。

また、定期的にメールマガジンを配信させて頂きます。


関連記事

記事がありません
運営会社・お問合せ

 

 

株式会社スリースター

東京都港区西新橋3-23-6

マーケティング事業部

電話:03-6432-4100