外資系企業のオフィスの選び方

外資系画像

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

企業文化や雇用形態の上で日本と大きく違いがある外資系企業。商売の仕方も違い、賃貸オフィスに求める条件も日本の企業とはちょっと違います。外資系企業がオフィスを借りる際には注意しなければいけない点をまとめました。

 

外資系企業がオフィスを借りる時のポイント

連帯保証人の確保

外資系企業がオフィスを借りる際に、最初に立ちはだかる障壁が連帯保証人です。規模にもよりますが、日本に新規進出で賃貸借契約を締結するには連帯保証人が必要になります。連帯保証人の条件として一般的なのは、日本国籍もしくは永住権を持つこと、一定以上の安定収入があること、日本語が話せること、そして借り主と雇用などの関係があることなどです。オフィスを用意する前に、これらの条件を満たす人を見つけなくてはならないというのは外資系企業にとって頭の痛い問題です。日本法人の代表者が連帯保証人となるケースが多いようです。

ただし、連帯保証人が見つからなくても他の方法があります。例えば保証委託料を支払って保証会社と契約する方法です。もしくは敷金を積み増すという方法もあります。ビルオーナーによっても対応が違うため、不動産仲介業者とあらかじめ相談しておきましょう。外資系企業の仲介実績がある営業担当者に相談することがおすすめです。また、英語に対応できる営業担当であるとポイントが高いと思います。

レンタルオフィス、サービスオフィスの物件も外資系企業におすすめです。普通の賃貸オフィスよりも割高にはなりますが、与信審査基準が低めに設定されていたり、短期間限定で利用することもできます。日本進出の際に、準備期間として短期で契約されるケースが多くあります。

 

契約書類の言語

言語も必ずつきまとう問題です。賃貸契約を結ぶための契約書は基本的に日本語です。トラブルを避けるためにも契約内容については詳細に確認しなければいけません。不動産会社に英語が堪能なスタッフが在籍していれば問題ありませんが、そうでないときは通訳可能なスタッフを用意しなければいけません。外資系企業との取引に慣れていて、英文資料を作成してくれる不動産会社があればそこに依頼するという方法もあります。また、最近では翻訳会社なども多くありますので、不動産業者からアウトソーシングすることで資料作成などの問題解決にもなります。

 

オフィス選びのポイント

立地

外資系企業がオフィスを選ぶ際はオフィスの立地や設備にも配慮しましょう。立地はアクセスが良くてわかりやすい場所がおすすめです。駅直結のビルや、有名ですぐにたどり着けるビルが適しているでしょう。オフィスのイメージもあるためおしゃれなエリアにオフィスを構えてください。港区や千代田区エリアはおしゃれなイメージがあるうえ、大使館が多いので働きやすい場所です。

平成23年に制定されたアジアヘッドクォーター特区はアジア地域の企業を集めたエリアです。特区内に進出する企業に対しては税制優遇や規制緩和などの支援を行っています。外資系企業のスタッフが安心して働けるように英語によるワンストップ相談窓口も設定されているため、スタッフが家族を呼び寄せて暮らすにもピッタリです。アジアヘッドクォーター特区オフィスの物件はオフィスターで扱っています。今後のオフィス展開をアジアヘッドクォーター特区でという人はぜひ参考にしてください。

アジアヘッドクォーター特区オフィス

建物

外資系企業には洗練された新しい外観の建物が好まれます。あまりに平凡な建物や古びた建物は外資系企業からは評価されづらい傾向があります。逆に高い人気を誇っているのが高層ビルのオフィスです。眺望が良いうえに、立地もわかりやすく新しくて最先端の設備が使われています。高層ビルのフロアを分割して利用できるオフィスは手ごろに借りられて人気の物件です。駅直結など交通アクセスが良く、場所もわかりやすいため海外の顧客に好まれます。ただし、外資系企業はマネージャー以上になると個室があてられるのが一般的です。オフィスを借りるときには個室を用意できるだけの広さがあるかも確認しましょう。一般的な日本企業の広さは2坪/人ほどですが外資系企業は5坪/坪ほどの面積も使用されています。

 

オフィスのタイプ

適したオフィスのタイプは事業計画によって違います。ひとまず日本事業の様子を見るだけ、もしくはマーケティングのみであれば初期費用が抑えられるレンタルオフィスがおすすめです。将来的に事業を拡張する予定があるなら、広さを変えやすい分割オフィスが向いています。はじめに最低限の坪数で契約して、事業の拡張や人員増に合わせてスペースを広げていく方法です。今後の見通しに合わせて適したオフィスのタイプを選択しましょう。

東京は外資系企業の誘致にも力を入れているため、働きやすいエリアです。大型オフィスから小型の分割オフィスまで選択肢も多いので事業規模や人員に合わせて選びましょう。オフィスターでは特設ページで外資企業に向けたオフィス物件を公開しています。こちらもぜひご覧ください。

【厳選】外資系企業向け(おしゃれな)オフィス物件一覧

 

【お問合せ】

電話:0120-733-383

☆ ☆ ☆ オ フ ィ ス 物 件 サ イ ト ☆ ☆ ☆

賃貸オフィスの検索はオフィスターへ

【ブログ会員登録(無料)について】

会員登録(無料)をして頂くと、注目物件のパンフレットをダウンロードできます。

また、定期的にメールマガジンを配信させて頂きます。

賃貸オフィス・賃貸事務所のオフィスター


関連記事

記事がありません
運営会社・お問合せ

 

 

株式会社スリースター

東京都港区西新橋3-23-6

マーケティング事業部

電話:03-6432-4100