「CIC Tokyo」を徹底解剖!スタートアップの飛躍的な成長を支えるシェアオフィス

2020年にオープンしたシェアオフィス「CIC Tokyo(シーアイシー東京)」をご存知ですか?

虎ノ門の心臓部に位置するこのシェアオフィスは、その総面積約6,000㎡で日本最大級を誇ります。日常から斬新なアイディアが飛び交うこのスペースは、ただのオフィス以上の価値を持っています。

リモートワークが一般的となる中で、オフィスの存在価値が問われる今日、CIC Tokyoが提供する新しいワークスタイルとは一体何なのでしょうか。その魅力を一緒に探ってみましょう。

目次

CICとは?

「CIC Tokyo」を徹底解剖!スタートアップの飛躍的な成長を支えるシェアオフィス
参照:CIC Tokyo公式サイト

「CIC」は「Cambridge Innovation Center」の略で、アメリカのマサチューセッツ州ケンブリッジに本社を置く、イノベーションを促進するための共用オフィススペースを提供する会社です。CICは、スタートアップ、起業家、イノベーションを追求する企業や研究者などのコミュニティをサポートし、彼らが集まり、コラボレーションを形成する環境を提供しています。

世界的にもその名は知られ、CICは7都市にその拠点を展開しています。そして、2020年10月1日、日本におけるその拠点、「CIC Tokyo」が虎ノ門ヒルズビジネスタワーの15F & 16Fにオープンしました。総面積6,000㎡のこの施設は、都心型の拠点としては国内最大級を誇ります。CIC Tokyoには現在、280社を超える企業や団体が入居し、大手企業からベンチャーキャピタル、専門家のファームまで、スタートアップの成功を後押しする様々なプレイヤーが集結しています。

CICのネットワークは世界7都市に広がっており、CIC Tokyoはアジアにおける初の拠点となりました。これにより、日本のスタートアップが海外展開する際の支援や、逆に海外のスタートアップが日本に進出する際のサポートが行われています。特に、ヘルスケアやロボティクスといった分野で、ボストンの豊富な研究機関やスタートアップネットワークを活用し、日本のディープテックスタートアップの国際的な展開を積極的にバックアップしています。

また、CICの姉妹組織であるVenture Caféも国際的に活動しており、さまざまなイベントの主催をしています。また、Hello TomorrowEntrepreneurship World Cupなどの国際的なスタートアップコンペティションの日本大会が、CIC Tokyoで多数実施されていることです。これにより、CIC Tokyoは日本のイノベーションの中心として、国内外の連携を強化し続けています。

CIC Tokyoの概要

スクロールできます
名称CIC Tokyo
施設規模2フロアー 合計 約6,000㎡
住所〒105-6415 東京都港区虎ノ門 1-17-1
虎ノ門ヒルズビジネスタワー 15階・16階
アクセス東京メトロ日比谷線『虎ノ門ヒルズ駅』直結
東京メトロ銀座線『虎ノ門駅』B2・B3・B4出口
東京メトロ千代田線・丸ノ内線・日比谷線『霞ヶ関駅』A12出口
都営三田線『内幸町駅』A3出口
JR『新橋駅』より徒歩約11分

オフィス移転で

お困りではありませんか?


まずはお気軽にお問い合わせください。

オフィス移転で

お困りではありませんか?


まずはお気軽にお問い合わせください。

目次