原状回復費用を用いて”ビル資産価値向上”を目指す~オフィスは選ぶ時代から造り替える時代へ~


↑弊社エントランス・リノベーション

 

最近の原状回復工事について

当たり前ではありますが、「原状回復工事」とは、「借りたときの状態に戻す」ことを言います。現在、コロナ禍の中、オフィスの移転も増えてきておりますが、その際に必ず行われるのが、「原状回復工事」となります。「東京ルール」に基づいた住居系の契約や契約内容によっても異なりますが、オフィスの賃貸契約において、原状回復は「100%テナント負担」となるのが一般的です。

一般的な工事範囲としましては

  • 壁のクロス・塗装
  • 床の貼替
  • 天井復旧
  • 照明管球交換
  • 造作物の撤去
  • ブラインド交換・クリーニング
  • 配線の撤去

などがあります。

原状回復の費用としましては、中小規模のビルの場合、坪2万円~5万円大規模ビルの場合、坪5万円~10万円が、一つの目安と言われております。
また、原状回復工事の工事期間の確認も貸主様、管理会社様にとっても次テナントリーシングへの影響も出てくるので非常に重要となってきます。昨今では、テナントが入りやすいように、前テナントの内装譲渡「居抜き」や、内装レイアウトを想定および家具・什器付きの「セットアップオフィス」などが流行っております。

昔ながらの床カーペット張替え・壁クロス張替え・天井塗りなど、スタンダードな原状回復を行うのではなく原状回復費用を用いて、ビル資産価値向上、テナントリーシングに活かすお金の使い方を見直してはいかがでしょうか?

弊社では、原状回復工事のご相談も承っておりますので、工事内容や費用査定などお気軽にお問い合わせください。

 

 

 

 



居抜きオフィスでコストを抑えた移転を実現

前入居者の内装造作や什器を引き継ぐことで移転費用を大幅に削減することができます。