【累計6,500DL超】東京都心エリアのオフィスビル再開発マップを更新しました


東京都心エリアのオフィスビル再開発マップを更新しました。

まだまだ続く東京の大規模再開発

コロナ禍ではあるものの、東京都心エリアでは大規模な再開発計画が多数進んでいます。オフィスビル供給量の推移をみると、2021年と2022年は低水準ですが、2023年から大量供給となってきます。働き方の変化により、オフィスに求める機能に変化が生まれ、必要な面積も変化しています。

2021年に竣工・開業予定の大型再開発は、東京駅前の「TOKYO TOHCH 常盤橋タワー」や、西新橋の「日比谷FORT TOWER」、浜松町の「世界貿易センタービル南館」、豊洲の「メブクス豊洲」があげられます。

2022年以降も東京駅の八重洲エリアや、高輪ゲートウェイ、虎ノ門ヒルズエリア、麻布台エリア、渋谷の桜丘町エリアなど、大規模な再開発が目白押しとなっています。

各再開発の新築ビルにつきまして、募集状況や賃料の目安など、お気軽にお問い合わせください。

今後の新築ビルについては以下記事もご覧ください。

【2021年に竣工する賃貸オフィスビルまとめ】

【2022年に竣工する賃貸オフィスビルまとめ】



居抜きオフィスでコストを抑えた移転を実現

前入居者の内装造作や什器を引き継ぐことで移転費用を大幅に削減することができます。



都心最大級の物件数。エリアや面積から物件を検索

約6万棟以上のオフィス物件情報を網羅。エリアや路線、面積から物件を検索、絞り込むことが可能です。