業務効率化するオフィスのデスクレイアウト

オフィスアイディア

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

オフィスのデザインを考える時、座席のレイアウトをどうするかは非常に重要な問題です。コミュニケーションを頻繁にとる必要がある職場と、個々人の作業が重視される職場とでは、当然のことながら最適なレイアウトも異なります。オフィスのレイアウトの種類と業務効率化に及ぼす影響について考察します。

 

レイアウトの種類

オフィスの座席レイアウトにはいくつかのパターンがあります。代表的なものを幾つか紹介しましょう。

 

対向式レイアウト

島型とも呼ばれます。デスクを向かい合わせにして島型に配置する方法で、日本で最も広く採用されています。多くの人員を効率的に配置できますし、コミュニケーションが取りやすいレイアウトです。しかし、その半面プライバシーを守ることや集中を保つことが難しいというデメリットもあります。

 

左右対向式レイアウト

デスクをパーティションで囲み、左右を互い違いにして並べる方法です。欧米のオフィスで多く採用されています。プライバシーを保護しクリエイティブな作業をしやすくしますが、十分なスペースがないと実現できないなどの欠点もあります。

 

同向式レイアウト

スクール式、並列式とも呼ばれます。学校のようにデスクが一つの方向を向いて並んでいるのが特徴です。銀行の店舗など受付業務のある場所で多く用いられています。伝票、書類のフローに合わせてデスクを配置することができますが、ある程度の広さが必要で、採用できる業種に限りがある点に注意が必要です。

 

背面式レイアウト

同じ部署やチーム内の人が、背中合わせになるようにデスクを配置します。前を向けば自分の作業に集中することができ、後ろを振り返ればコミュニケーションを取ることができるため、協同作業が必須となる開発系や企画系のチームに適します。

 

フリーアドレス

自席を決めず、誰でもどの場所も使えるようにする方法です。外回りのスタッフが多い職場などではデスクの数を減らしてコスト削減をはかることもできるでしょう。さまざまなスタッフと交流する機会も増え、斬新なアイディアを生み出せる職場へと導ける一方で、専門的な職種の職場では不向きです。

 

デスクの選び方

以上のようにレイアウト一つとってもさまざまなものがありますが、肝心のデスクを間違えて選択してはメリットも半減してしまうでしょう。デスク選びにも細心の注意を払うようにしなければいけないのです。

 

レイアウトによって

対向式レイアウト、左右対向式レイアウト、同向式レイアウト、背面式レイアウトでは片肘机または両肘机がおすすめです。ただし、両肘机はデスクが大きいので狭いオフィスや大人数のスタッフを抱える職場では邪魔になることもあるので注意しましょう。フリーアドレスでは、もちろん普通のデスクを使用することもできますが、長机タイプのフリーアドレスデスクならばより自由に使うことを促進できると好評です。

 

高さ・広さ

オフィスデスクは幅80~180cmまで1cm刻み(ただし100cm以上は10cm刻み)で商品が揃っています。パソコンを使用する際には120~140cmが仕事をしやすいといわれています。奥行きは60cm、70cm、80cmの3種類があり70cmが主流ですが、どれぐらいの配置スペースを確保できるかによって、選択していきましょう。また、デスクの高さはユニバーサルデザインの観点から72cmが推奨されています。スタッフ構成員の個性も考えて、適切な高さを選択するようにしましょう。

 

材質・色

一昔前はデスク=グレーだったかもしれませんが、現在では材質、色ともに多種多様なものが揃っています。オフィスの内装、イメージに合って、なおかつ作業の邪魔にならないようなものを選択したいところです。

デスクのレイアウトにこだわれば、オフィスの見栄えは格段に良くなります。来客にはもちろん、スタッフ一人一人にも「センスのある会社」「個性のある会社」というイメージを抱かせることは、モチベーションアップにも役立ちます。

また、業務によっては一人の空間をしっかりと確保して集中することがどうしても必要な場合もあります。一人の事務所ではなく、たくさんの人がいるオフィスでそういったプライベートな空間を作り出すのは簡単なことではありません。しかし、レイアウトを変更しデスクにこだわることで実現することは夢ではないのです。作業効率化のためにもレイアウト変更にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

オフィスのレイアウトには、いろいろなものがあるということをご理解いただけましたでしょうか。それぞれのメリット、デメリットを把握して、正しく選択することが何よりも重要です。レイアウトのパターンによって最適のデスクも異なってくるので、まず必ずどのレイアウトにするのかを決めるようにしましょう。レイアウト変更というのはオフィス移転と同じぐらいのインパクトを与えるものです。マンネリ化しつつある日々の業務を打開するためにも、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

【お問合せ】

電話:0120-733-383

☆ ☆ ☆ オ フ ィ ス 物 件 サ イ ト ☆ ☆ ☆

賃貸オフィスの検索はオフィスターへ

【ブログ会員登録(無料)について】

会員登録(無料)をして頂くと、注目物件のパンフレットをダウンロードできます。

また、定期的にメールマガジンを配信させて頂きます。

 

賃貸オフィス・賃貸事務所のオフィスター

 


関連記事

記事がありません
運営会社・お問合せ

 

 

株式会社スリースター

東京都港区西新橋3-23-6

マーケティング事業部

電話:03-6432-4100