賃貸オフィスの火災保険は加入しなければいけない?補償内容は主に3つ!


この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

 

賃貸住宅を契約したことがある方であればご存知かと思いますが、賃貸の場合だと「火災保険料」を必ず契約しなければなりません。

 

実は、火災保険は住宅だけではなくオフィスであっても加入が義務付けられています。

 

飲食店ならわかりますが、オフィスであれば火を使うことはないですし、「不要なのでは?」と考える方も多いことでしょう。

 

そこで今回は、賃貸オフィスを契約するにあたって火災保険が必要なのかどうかご説明します。

 

火災保険は大きく分けて3つある

 

賃貸の場合、火災保険とは言っても、補償の種類が大きく分けて3つあります。

 

それぞれどんな特徴があるのかをご紹介しましょう。

 

借家人賠償責任保険

ほとんどの賃貸契約でセットになっている補償が『借家人賠償責任保険』です。

 

万が一、自分の不注意で事故が発生すると、オーナー(大家さん)に対して損害賠償責任が生じます。

 

その場合、一人だけの貯金では弁償できないことが多いでしょう。

 

借家人賠償責任保険に加入していれば、オーナーに対する損害賠償を補償することができます。

 

借家人賠償責任保険で補償できるケースは火災だけではなく、爆発や破裂、水濡れも含みます。

 

事故例は以下のとおりです。

 

  • タバコの不始末で部屋が一部燃えた
  • 洗濯機のホースが外れて床が水浸しになってしまい、床を修繕することになった

 

オフィスで火を扱うことがなくても、タバコやストーブは火災の原因となりますので油断は禁物です。

 

ただし、上記で挙げた以外の「破損」の場合には補償の対象外となりますので注意しましょう。

 

 

個人賠償責任保険

借家人賠償責任保険だけで十分なような気もしますが、実際問題では借家人賠償責任保険では対象にならない事故のケースも多いです。

 

最初に事故のケース例をお伝えしましょう。

 

  • 他人の家の窓ガラスを割ってしまった
  • 他人の物を誤って壊してしまった
  • 自転車に乗っているとき、人にぶつかって怪我をさせてしまった

 

つまり、『個人賠償責任保険』は「借家人賠償責任保険の対象外」かつ「日常生活で起こるトラブルによって法律上の賠償責任が発生した場合」の補償です。

 

火災も十分起こりうる事故ですが、どちらかと言うと、日常のトラブルの方が起こる確率は高いでしょう。

 

また、借家人賠償責任保険の対象外となる事故ケースが補償対象となるため、どちらかの保険で全ての補償が揃うことはありません。

 

似たような名称のため、どのように内容が異なるのかわからなくなってしまう方も多くいますが、この機会にしっかり覚えておきましょう。

 

 

家財保険

借家人賠償責任保険および個人賠償責任保険は、他人に対しておこなう補償内容です。

 

最後にご紹介する『家財保険』は、名称のとおり部屋に置いてある家具などを補償します。

 

他人への補償だけではなく、自分への補償もしっかり備えたいところですよね。

 

家財保険の場合は、火災や爆発、水漏れ、落雷、盗難などが損害対象なので安心できるでしょう。

 

特に、賃貸オフィスとなれば、コピー機やパソコン、プロジェクターなど高価なオフィス製品が揃っていますので修理や買い替えとなれば多額の費用が必要となります。

 

そして注意して欲しいのが、「リース品」です。

 

家財保険はあくまで「自分の物」に対する補償なので、他人からリースしているものとなればまた補償内容が異なります。

 

「正直保険にはあまりお金をかけたくない…」と思ってしまいがちですが、ご紹介した3つの補償内容はどれも特徴が異なりますし、誰でも起こりうるトラブルですので、加入して損はないかと思います。

 

結局火災保険には加入した方がいいの?

 

賃貸オフィスであっても、火災保険の加入は義務付けられています。

 

なぜなら、先ほどお伝えしたとおりタバコやストーブ、破損など、日常起こりうるトラブルはいつどこで起きてもおかしくないからです。

 

「オフィスだから」と甘く見るのではなく、万が一賠償責任を負っても対処できるようにしておきましょう。

 

また、火災となれば、あなたの他にも入居しているテナントにも弁償をしなければいけません。

 

入居しているビルが大きければ大きいほど、そして火災が大きければ大きいほど、その損害額は想像を超える金額になるはずです。

 

もちろん、自分自身が火災の原因にはならなくとも、火災保険に加入しておけば、他のテナントからの火災事故に巻き込まれた場合にも補償対象となります。

 

自分を守るためにも火災保険の加入をおすすめします。

 

オーナーへの補償は最低限確保しよう

全部で3つの補償内容でしたが、もし最低限に抑えたいということであれば、『借家人賠償責任保険』だけでも加入しておきましょう。

 

やはりオーナーへの損害賠償は多額になります。

 

オーナーにとっても、火災などの損害があっては新しい入居者を集めるどころか、ビルの修繕対応に追われ大きな損失になることは間違いありません。

 

オーナーに迷惑をかけないためにも、借家人賠償責任保険は契約時にセットで加入しておくことをおすすめします。

 

賃貸オフィスの火災保険は必要!

 

補償内容をどこまで広く深く加入しておくかは人それぞれですが、事故を起こしてしまった場合、相手に安心した補償ができるよう準備しておくことは大切です。

 

基本的には不動産会社から案内される火災保険にセットで加入する流れになりますが、もし他の火災保険と比較したいのであれば、相談すると良いでしょう。

 


『スリースター公式LINE』開設!★

こちらから友だち追加→lin.ee/jVu3rUK

 オフィスターの各サービスがLINE一つで解決!
・流行の居抜き・リノベの最新状況を配信
・新着オフィス物件・お役立ち情報を配信
・内覧の手配も簡単スムーズ

 


運営会社・お問合せ

 

 

株式会社スリースター

東京都港区西新橋3-23-6

マーケティング事業部

電話:03-6432-4100