オフィスデザインの“色”による効果・イメージとは?


この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

 

みなさんはオフィスデザインの【色】について考えたことはありますか?

最近のオフィスでは、外観や内装デザイン、家具などをおしゃれなものにするという考え方が広まっており、時代に合わせてオフィスへの考え方も時代に合わせて変化してきているのではないかと感じています。

おしゃれな雰囲気にする要素として【色】はとても重要です。

弊社でも居抜き、セットアップなどといった物件をご紹介していますが、見た目がいいオフィスというのはつい見入ってしまい、お客様に紹介したいと思ってしまうものです(笑)

そこで今回は、オフィスにおける色の効果について述べていきたいと思いますので、是非レイアウト時の参考にしてみてください!

赤色

赤は「活発さ」や「やる気」「独創的なアイデアを引き出す」効果があるといわれており、エントランスや会議室などに差し色として用いるのがおすすめです。

 

柑橘系(オレンジ、黄色、黄緑など)

和気藹々と仕事ができるような明るいオフィスにしたい場合に取り入れると良いでしょう。

壁など広範囲に使ってもいいですし、地味になりがちなロッカーを明るい色にしてみるのも面白いかもしれませんね。また、椅子なんかは手軽に取り入れることができます。

また、アイボリーやベージュも反射率が高い色なので部屋の中を明るくし、社員のモチベーションアップにつながります。

 

白色

純潔さを表現し、清潔感のある印象を与えることができます。

膨張色なので、オフィスでは空間を広く見せたいときに使われたり、他の色を引き立たせるのにも有効です。

 

青色

落ち着いた雰囲気があって黙々と作業に集中したいという場合には、青、紫などがぴったりです。

こちらは営業で外回りがメインの方の机や椅子にもってくると、リラックスできてとてもおすすめです。

また、会議室に用いると冷静な話し合いができるといわれています。

 

緑色

安らぎや緊張の緩和、自然をイメージさせる色になるので、長時間のデスクワークなど内勤が多い人のワークスペースに最適です。

観葉植物を取り入れるなどして、快適な空間を作り出すこともできますね。

 

まとめ

いかがでしたか?

オフィスデザインの【色】によって印象が変わるのを感じていただけたのではないでしょうか。

弊社はオフィスの仲介会社ですが、内装会社と提携しているためそちらのご紹介が可能ですので、是非この機会にご検討いただければと思います。

あなたの会社もおしゃれでかっこよく、そして快適な空間でお仕事をしてみませんか?

 


『スリースター公式LINE』開設!★

こちらから友だち追加→lin.ee/jVu3rUK

 オフィスターの各サービスがLINE一つで解決!
・流行の居抜き・リノベの最新状況を配信
・新着オフィス物件・お役立ち情報を配信
・内覧の手配も簡単スムーズ