【当初の分室計画を拡張移転に切り替えた事例】株式会社H様(VORT外苑前Ⅲ)


 

弊社の仲介でご移転された株式会社H様の移転事例をご紹介させて頂きます。

概要

契約面積:44.55坪
移転経緯:拡張

 

今回の移転について

以前のオフィスではどのような課題がありましたか?また、移転によりどのように解決できたでしょうか?

スペースが足りなくなってしまったことが移転のきっかけです。また、天井まで間仕切りがある会議室がなかったため今回の移転で解決できました。

 

物件を選ぶ上で条件にしていたポイントや重要視したころはありますか?

当初は分室検討をしていたため、今の事務所からの距離を一番に考えていました。その後は今っぽい内装を作っても違和感がなく、おしゃれなビルを探していました。

また、女性社員もいるため、男女別トイレはマスト、水回りのキレイさも重要でした。

 

なぜスリースターにご依頼いただけたのか。

タイミングよく、提案をしてもらえたのが大きいです。

外苑前周辺に詳しく、その場で色々な提案をしていただいたのはもちろん、粘り強い交渉もしてもらえたので助かりました。

 

 

写真ギャラリー

 

 

 

編集後記

今回のオフィスは、分室で探されていました。

コロナが流行してしまったタイミングではありましたが、オフィスの在り方やオフィスを構える意味をしっかりと見出し、物件を内覧頂きました。

物件をご内見頂く中で、今後将来を見据え、当初の予定よりも一回り大きい面積へ分室ではなく、本社移転となりました。今後も事業を拡大させ、更なる発展を想定しております。

是非、今後もお客様に寄り添い、お役に立てればと考えております。この度はご協力ありがとうございました。

他の移転事例も是非ご参考にしてください。



居抜きオフィスでコストを抑えた移転を実現

前入居者の内装造作や什器を引き継ぐことで移転費用を大幅に削減することができます。