【すぐできる】仕事がはかどらない…意外と見過ごしてしまう、職場の改善ポイントとは?


 

社員が一日のうちの長い時間を過ごす職場は快適で過ごしやすい環境であることが理想です。仕事がはかどらないなどといった環境ではストレスもたまってしまうのではないでしょうか。では、働きやすい環境に改善するにはどうすればよいのでしょうか。

今回は、職場環境改善について詳しくご紹介いたします。

 

職場環境改善とは

仕事の無駄のない、快適で過ごしやすいと実感できる職場へ改善するために、より良いものに変えていく取り組みを職場環境改善といいます。ポイントは、現場で働いている社員のいろいろな意見を聞き、継続的に改善に取り組むことです。

職場環境改善は、社員のモチベーションアップにつながるだけではなく、生産性も期待できます。勤怠状況や労働条件、メンタルヘルス対策、また職場の作業方法やレイアウト変更などの作業環境の改善まで、職場の全体を把握し改善を検討しましょう。

 

すぐにできる!職場環境改善の成功事例

①マルチディスプレイ化

パソコン作業の効率化のおすすめとして、ショートカットキー活用や、画面表示の切りかえが不要となる2画面を使用するマルチディスプレイ化を活用することが挙げられます。仕事の効率が良くなるため、時短で業務効率化に有効です。また、リモートデスクトップ環境をつくることによりテレワークなどで、効率的に仕事をすることが可能です。

 

②整理整頓

備品や書類など、必要なものを探す時間は無駄な時間となります。そのため、良く使うものなどは日頃から整理しておき、すぐに使えるようにしておきましょう。また、Web会議の環境を整えておくことも大切です。なかなか、つながらないなどの無駄な時間をつくらないよう準備しておきましょう。遠距離の社員とのコミュニケーションを深めることができますので、さらに職場の活性化につながります。

あまり使わない備品などは、保管ラベルを貼って保管の位置と数を管理しておくことにより備品の在庫不足を防ぐことが可能です。

 

③よく使うものの手元保管、システム導入

製造現場では、よく使う道具は手元保管することにより手作業の無駄が削減できます。よく使う道具とあまり使わない道具を一緒に置いておくと、道具を選ぶ時間が無駄になってしまいます。また、作業場から離れた場所に置いていると道具を持ち歩く時間が無駄になってしまいます。

そして、生産ラインのロボットの活用や自動化は人的トラブルを防止してくれることや、手作業のムラをなくすことが可能です。また、部品などの発注ロットを考えた発注数の決定に時間がかかっている、工程ごとの負荷が平準化できていないなど、運用面に問題がある場合は販売管理システムを導入する、もしくはリニューアルすることで作業効率を見直すことができます。

 

④あらゆる場面の機械化

重い荷物の運搬がある現場の場合、助力装置を導入することで人的作業の負担を減らすことができます。ローラーコンベアやバキュームホイストの導入により重い荷物の移動作業などが軽減できます。

また、事務机の代わりにワークベンチという立体的に部品を置くことができる作業台を置くことで、作業で利用するたくさんの部品配置ができ、作業スピードを上げることも期待できます。部品管理では、バーコードとハンディターミナルを利用することで数量や欠品の管理がスムーズにできます。そして、マニュアルなどは紙からタブレット閲覧に変えることで、省スペース化が可能です。

 

⑤目標設定

社員の目標管理も大事な項目の一つです。組織や社員個々の目標を把握できていない場合、社員の不満へとつながってしまい仕事の効率までも下げてしまうかもしれません。目標管理には専用のシステムを導入することをお勧めいたします。専用のシステムにより、ビジョンが可視化でき社員のやる気や向上に期待できます。

 

⑥テレワークの導入

テレワークを導入することで、育児や介護などで仕事を断念せざるを得ない女性の離職防止につながります。女性が働きやすい環境をつくることにより、仕事を続けることが可能になり、新たに人を雇うための採用コストの削減、そしてテレワークによるオフィススペースも削減につながります。

 

まとめ

職場の改善ポイントは、今回紹介したようにさまざまな無駄をなくすことによる効率化と、働きやすい環境へむけて継続して取り組むことが重要となります。

また、作業環境や作業方法の改善だけではなく、リフレッシュスペースなどを作ることで、社員が仕事の疲れを癒せる空間を提供するなどの方法も挙げられます。このような環境改善は、社員の意見も取り入れて行うことも重要です。

職場環境が改善することにより社員のストレスが減り、働く意欲や作業効率向上などの効果が期待できます。そして、社員の定着率が上がることや売り上げがさらに伸びるなどいろいろなメリットを享受できるのではないでしょうか。

働きやすい空間でリラックスして仕事ができる環境作りを目指しましょう。

 



居抜きオフィスでコストを抑えた移転を実現

前入居者の内装造作や什器を引き継ぐことで移転費用を大幅に削減することができます。



都心最大級の物件数。エリアや面積から物件を検索

約6万棟以上のオフィス物件情報を網羅。エリアや路線、面積から物件を検索、絞り込むことが可能です。