1人あたりに必要なオフィススペースはどれくらい?


この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

 

昨今、働き方改革の影響によりオフィス環境の見直しを検討する企業も増えてきました。テレワークやフリーアドレス、健康で働きやすいオフィス、生産性のあるオフィスなどに対応するなど、改善方法は様々あります。また、オフィスで社員が気持ちよく働くためには、1人あたりのフロア面積が十分に確保されていることは大切です。しかし、社員の人数が同じでも業種や作業内容が異なれば必要なオフィス面積も異なります。そのため、オフィスが狭くても問題ない場合もしばしばです。

そんな中、オフィスを快適に過ごすためには、オフィススペースをまず検討することが重要となります。では、オフィス1人あたり必要な広さはどれくらいでしょうか。

今回は、1人あたりのオフィス面積についてご紹介いたします。オフィス環境をさらに良くしたい方は参考にしてください。

 

 

お勧めされるオフィス面積とは

目安としては、「1人当たり3坪(10㎡)」とされています。では、大手不動産会社がWEBページでご紹介している目安を参考にまとめてみました。(面積は、1人あたりの推奨する面積を記載しています。)

 

企業A・・・8.55㎡(2.5坪)

企業B・・・13.22㎡(3.9坪)

企業C・・・8.4㎡(2.5坪)

企業D・・・12.56㎡(3.7坪)

 

データが作成された時期などにより比較するにはわかりづらいですが、企業によりばらつきがあるのがわかります。

なお、労働安全衛生法(昭和47年法律第57号 事務所衛生基準規則 第2章 第2条)では、「事業者は、労働者を常時就業させる室の気積を、設備の占める容積及び床面から4メートルを超える高さにある空間を除き、労働者1人について、10立方メートル以上としなければならない。」

以上のように定められています。

 

執務スペースの気積を求める計算式は・・・

気積=(執務スペースの床面積×天井高―設備類の容積)÷社員数

※床面から4メートルを超える高さの空間は含みません

 

オフィススペースの広さを考えるポイント

社員の作業効率はオフィススペースの広さにより左右されます。オフィスが広すぎる場合は、賃料や光熱費などのコストは高くなるためデメリットとなります。また、広すぎて落ち着かないということも考えられます。生産性とコストの面を両立させるには、適切なオフィススペースの広さが重要となります。

執務スペースの使い方を考える際は、1人あたりの広さだけでなく、デスクサイズやレイアウトなどもしっかり検討しましょう。

 

オフィス1人あたりの面積を縮小するには

  1. テレワークやサテライトオフィス、フリーアドレス制、フレックス制度などを活用することで、オフィス内でソーシャルディスタンスを保ちやすくなります。
  2. ペーパーレス化を目指しましょう。紙の書類を減らすことにより、書類などを収納しているスペースを活用することが可能です。全てなくすことは難しいので、印刷する際は片面印刷ではなく両面印刷に変えることや、社内会議の資料は紙出力を極力減らすだけでも効果が期待できます。同時に、コスト削減の面でも役立つでしょう。
  3. オフィス家具の置き方や選び方などを工夫して、オフィスを広く見せましょう。例えば、カーテンや壁紙などを明るめの色にすることで膨張色効果でオフィス全体が広く見えます。また、パーテーションや本棚などの高いもので目線が遮られる場合は、差支えない程度に低めにすることや、もしくは人口観葉植物(グリーンパーテーション)に変えることでリラックス効果も期待できます。
  4. デスクトップパソコンをノートパソコンにすることにより、一人一人のデスクの幅を削減することが可能です。

 

 

まとめ

オフィス1人あたりの面積(約3坪)はあくまでも目安として考えましょう。コロナ禍により、ワークスタイルが変化している今、1人あたりの面積が3坪を下回るオフィスが少なくはありません。

狭いオフィスでも快適に働きたい場合は、今回紹介しましたテレワークやサテライトオフィスなどを活用するなど、社員の働き方を考え直してみてはいかがでしょうか。

また、オフィス移転などを検討する際には、現状のオフィスの広さなどの見直しや、運用方法を考えることにより、オフィスに必要な広さを削減し、賃料の削減までも期待できます。また、企業の規模や事業内容、働き方などにより必要なオフィスの形は異なります。オフィス移転の際、新しいオフィスを探す時は、オフィスの広さの他にもオフィスの使い方も検討することをお勧めいたします。


関連記事

記事がありません
運営会社・お問合せ

 

 

株式会社スリースター

東京都港区西新橋3-23-6

マーケティング事業部

電話:03-6432-4100