オフィスの防音対策は大丈夫?簡単にできる「音漏れしないオフィスの作り方」とポイントをご紹介!


 

オフィス移転をする際、レイアウトやインテリア選びなど考えることは山のようにありますが、その中でも意外と見落としがちな点が「防音問題」です。他社へ訪問した際に、会議の声がオフィス全体に響いていたら心配になりませんか?また、仕事中の人の声はノイズになり集中力の影響も考えられます。

会社の信頼性にもつながる防音問題ですが、職場環境を向上させるためにもオフィス移転時にとても重要なポイントとなります。

今回は、音漏れの原因は何なのか?また、音漏れしないオフィス作りについてお話しいたします。より働きやすいオフィス環境に向けて事前にしっかりと対策しておきましょう。

 

音漏れの原因とは?

特に気をつけないといけないのはオフィスの会議室です。会議室の話し声が漏れてしまう場合、社員の仕事にも影響します。また、情報漏洩の危険も考えられるため、防音対策は必須となります。

それでは、音漏れの原因となるものをまとめてみましょう。

 

①扉や窓、パーテーションなどの隙間

扉や窓、取り外しができるパーテーションは可動式のため隙間ができてしまい、音漏れの原因となります。できるだけ天井と床を完全につなぐパーテーションを選択することをお勧めいたします。

 

②壁や床からの音の振動

音は物体を介すことによっても他者へ伝わります。壁や床、天井などに衝撃となり伝わってノイズとなります。

オフィスの壁や床に薄い素材を利用している場合は階下まで音が響いて騒音トラブルになる可能性があるため、騒音を軽減する方法を心得るなどの注意が必要です。

 

 

防音対策のメリット

防音対策により工事を行う場合は大きなコストがかかってしまう可能性も考えられます。しかし、それなりの投資に見合った見返りがあるのということも重要なポイントです。

防音対策のメリットとして第一に考えられるのは「重要な情報の漏洩を回避すること」です。会議室などで話される企業の機密情報などは防音対策でしっかりと守る必要があります。

また、騒音をなくすことで社員の集中力を維持することができるため生産性も高まります。

そして、プライバシーの保護になります。例えば、病院などの診察室では患者の個人情報などが漏れることを防止するため、防音対策がしっかりととられていることが多いです。

 

 

オフィスの防音対策が必要な場所は?

工事費用などのコストを考えると全ての部屋に防音対策をすることが難しいことも考えられますので、優先的に防音対策が必要な場所をご紹介いたします。

 

①会議室

一番必要と考えられるのが会議室です。会議室は機密情報やプライバシーに関わる話が行き交う場所であるため、遮音性がとても重要となります。また、会議室外や執務室への騒音があると、社員の集中力低下によって生産性が下がってしまう可能性も考えられるため、優先的に防音対策を行いましょう。

 

②社長室

社長室は日々重要な情報が入ってくる場所なので、もちろんこちらも防音対策が重要となります。

 

③応接室

来客者を通す部屋である応接室も防音対策は重要です。来客者の顧客情報を保護することも大事ですが、オフィスが騒がしいと来客者が感じた場合は不快な思いをさせてしまい、企業に対して悪いイメージを抱いてしまうことも考えられます。商談を集中して行えるためにも防音対策は重要となります。

 

オフィスおすすめ防音対策

①床に防音カーペットを敷く

カーペットを敷くことで階下への防音は緩和することができます。しかし、会議室での声が執務スペースに音漏れする場合は、音は壁面や天井からの跳ね返りの方が増幅されるため防音効果はあまり期待できません。

 

②ドア下などの隙間を塞ぐ

ドア下や壁下などの隙間は音が漏れやすい場所となります。この隙間からの空気伝搬音が騒音につながります。また、欄間があるパーテーションは確実に音が漏れてしまいます。

 

③吸音材を利用したパーテーションを使う

吸音材を利用したパーテーションは音を吸収する機能も兼ね備えたものとなります。病院などの診察室に使われるパーテーションは、吸音材が使われているものが多くなります。

 

④窓を二重にする

窓を二重窓にする、もしくはオフィスビルの窓枠に余裕がない場合はふかし窓枠と言って、窓枠を延長した新しい窓を取り付ける方法もあります。

 

⑤吸音パネルの設置

吸音パネルは、音を吸収してくれるパネルのことをさします。オフィス内の反響音を減衰することができます。目的により、パネルを貼る位置や枚数、設置方法などは異なります。

 

 

まとめ

オフィス環境を見直すことにより、働く人達の生産性を向上させることが可能です。オフィス環境の整備を考えるとオフィスレイアウトやデザインなどを考えがちですが、防音対策もとても重要な課題となります。

特に会議室や応接室の防音対策は、外部からの信頼にもつながります。今回紹介しました防音対策などを参考にして、より働きやすい安全な職場環境をめざしましょう。

 



居抜きオフィスでコストを抑えた移転を実現

前入居者の内装造作や什器を引き継ぐことで移転費用を大幅に削減することができます。



都心最大級の物件数。エリアや面積から物件を検索

約6万棟以上のオフィス物件情報を網羅。エリアや路線、面積から物件を検索、絞り込むことが可能です。