レンタルオフィスとSOHOオフィスの比較をしてみた!どっちがおすすめ?


これから新規事業を立ち上げようとしている方に、ぜひおすすめしたいのがレンタルオフィスとSOHOオフィスです。

名前自体は聞いたことがある方も多くいらっしゃるかと思いますが、実際のところこの2つの違いについてあまり認知されていないことが多くあります。

今回はレンタルオフィスとSOHOオフィスの違いについて解説しましょう。

目次

レンタルオフィスの特徴

レンタルオフィスは、デスクや椅子、インターネット環境などデスクワークをする上で必要なものが全て揃っています。

それらを利用する料金については全て月額料金の中に組み込まれており、事務所を賃貸契約するよりも費用を抑えることが可能です。

また、日本橋や新宿など都心、駅近に立地されていることが多いため、アクセスも良く気軽に利用することができます。

さらにはオフィスを利用しなくとも、法人登記や電話番号の利用のためだけに利用するバーチャルオフィスという形態も大変人気です。

SOHOオフィスの特徴

SOHOとは「Small Office Home Office」の略称で、小規模のオフィス、そして自宅で事業をおこなうオフィスの形態、もしくはその事業のことを言います。

SOHOオフィスは、事務所専用の物件と比較すると、賃料や初期費用は安く済みます。

住居用物件で「SOHO可」としているところもあり、オフィスと言っても間取りや広さは居住スペースと変わりありません。

例えば、仕事が思ったよりも長くかかりすぎて帰るのが面倒と感じた場合はそのまま寝泊まりすることもできますので、利便性を感じる方も多くいるのではないでしょうか。

レンタルオフィスとSOHOオフィスを比較

では実際に、レンタルオフィスとSOHOオフィスを比較してみましょう。

設備の充実ならレンタルオフィス

設備の充実性を求めるのであれば、圧倒的に「レンタルオフィス」がおすすめです。

「色々と準備するのが面倒」「設備を揃えるとなると余計にお金がかかる」

そのように考えている人は、利用初日からすぐにコピー機やインターネット、休憩室なども備わっているレンタルオフィスは快適に過ごせます。

SOHOオフィスだと賃料はお手頃ではあるものの、設備を自分で用意しなければならないため、さまざまな設備や備品を必要としている人は不向きかもしれません。

自由にカスタマイズするならSOHOオフィス

反対に捉えると、「設備や備品は全部自分の好みのもので揃えたい」「共同で利用するのは抵抗がある」と考えている方はSOHOオフィスがおすすめです。

賃料や初期費用、そして退去費用に関しても、費用を抑えることができますし、オフィス内のレイアウトは全てカスタマイズができます。

今まで理想としていた自分好みの快適なオフィスを創り上げることも可能です。

そもそも、パソコンさえあれば事業ができるという人にとってはレンタルオフィスよりもSOHOオフィスの方が安上がりになることも多くあります。

こんな人にはレンタルオフィスがおすすめ!

では具体的にはどのような人がレンタルオフィスにおすすめなのかをご紹介します。

起業したばかりの事業者

レンタルオフィスは月額料金で、ワークスペースの確保および設備・備品の利用が整っていますので、賃貸契約するよりも費用を安く抑えることができます。

特に、備品に関しては塵も積もれば山となるということわざがあるように、意外と経費がかかるものです。

起業したばかりの事業者で、初期費用ができるだけ抑えたいと考えている方は、レンタルオフィスがおすすめ!

サービスの充実性を求める人

レンタルオフィスは運営会社にもよりますが、「受付サービス」や「秘書代行サービス」など、自分のビジネスサポートをしてくれる場所もあります。

細かい事務処理をしてくれるサポーターは大変助かるものの、一人分の給料まで賄えないという場合も多くあることでしょう。

そんなときは、レンタルオフィスの充実したサービスを利用することで、手間も省け、さらにはあまり費用もかけずに、希望が叶いますので、おすすめです。

法人登記したい人

SOHOオフィスでも法人登記できる場所もありますが、そういった物件は少ないということと、探すために相当な時間を費やしてしまいますので、おすすめできません。

しかし、レンタルオフィスであればほとんどの場合、法人登記できる場所であるため安心でしょう。

ただし、月額料金の中に含まれている場合と、別途料金が発生してしまう場合もあるため、事前に確認することが大切です。

こんな人にはSOHOオフィスがおすすめ!

次に、SOHOオフィスはどんな人におすすめなのかをご紹介します。

フリーランス

フリーランスと言ってもさまざまな業種体系がありますが、私がおすすめするのは「デザイナー」「プログラマー」「ライター」などのフリーランスです。

前述したとおりSOHOオフィスは全て自分で設備を整えなければならないため、コピー機や応接室、備品などあらゆる設備を必要としている方は不向きと言えます

しかし、上記のフリーランスならばほぼパソコン一つで事業ができますし、さらに執務スペースもそこまで必要としていないことがほとんどです。

また、来客の機会も少なく、全てオンラインで担当者と連絡を取り合うことが多いため、そういった方はSOHOオフィスで必要最低限の費用で済ませることができます。

無駄な時間を省きたい人

移動時間や、寝る間も惜しんで仕事をしたい方はSOHOオフィスはおすすめです。

SOHOオフィスの間取りは居住用と変わらないため、毎日寝泊まりすることもできます。

わざわざオフィスまで移動する時間があるなら仕事をさっさと終わらせたいと考える方もいらっしゃるでしょう。

無駄なコストと時間をカットすることで、ゆとりが生まれる場合もあるためおすすめです。

レンタルオフィスもSOHOオフィスも快適!

今回はそれぞれの違いや、おすすめしたい人をご紹介しました。

業種単位で解説してしまいましたが、働き方は人それぞれですので、双方の特徴をしっかり把握した上で、どちらが自分に合っているのかを検討することが大切です。

基本的にはどちらも快適なオフィス空間となっているため、今後の事業の見通しや資金面等を考慮して、オフィスデビューを果たしてください。

—————————————————————————————————————————

↓全国のレンタルオフィス検索サイト「FLEXPACE」はこちらから↓

—————————————————————————————————————————


よかったらシェアしてね!

新着物件お知らせ機能を追加!!
居抜きオフィスサイト「vivit」

居抜きでのオフィス移転をサポートします!居抜き物件を見るには無料会員登録を!

おしゃれオフィスがいっぱい!!
セットアップオフィスサイト「RAKNA」

おしゃれなオフィスに簡単に入居できるセットアップオフィスは様々なメリットがあります!

都心最大級の物件数。エリアや面積から検索可能
オフィス検索サイト「officetar」

約6万棟以上のオフィス物件情報を網羅。エリアや路線、面積から物件を検索、絞り込むことが可能です。

おしゃれなレンタルオフィスを厳選!!
レンタルオフィス検索サイト「FLEXPACE」

あなたにピッタリのおしゃれなレンタルオフィス探し

この記事を書いた人

マーケティング事業部主任。1995年生まれ、神奈川県横浜市出身。 映像制作の業界から転職し、2020年に営業事務として入社→2021年よりマーケティング事業部に異動。「読めば分かる、見やすいやつじゃん」を目標に記事を書いてます。

目次
閉じる