【室町ちばぎん三井ビル】駅直結の文化複合施設 日本橋の一等地に構えるハイグレードビル(オフィステナント募集情報)

「室町ちばぎん三井ビル」は、東京都中央区日本橋室町に位置する高層ビルです。その歴史は、日本橋地区の再開発プロジェクトの一環として始まりました。この地域は江戸時代から商業の中心地として栄えており、現代に至るまで日本の経済を支える重要なエリアです。

ビルの名称にもなっている千葉銀行は、地域経済を支える重要な金融機関であり、三井不動産と協力してこのプロジェクトを進めました。ビルは2014年に完成し、地域のランドマークとしてその役割を果たしています。ビル内にある商業ゾーンは「コレド室町3」として常に賑わいをみせています。

今回は、歴史的な地域性と調和した外観デザインをもつ「室町ちばぎん三井ビル」の特徴やオフィスフロアの魅力についてご紹介します。

目次

室町ちばぎん三井ビルの基本情報

「室町ちばぎん三井ビルディング」は、地上17階・地下4階建ての複合ビルです。高層部には賃貸オフィスが配置され、低層部には商業施設やイベントホールが設けられています。延床面積は約29,238㎡、基準階の面積は約1,033㎡(約312坪)です。設計は株式会社日本設計と清水建設株式会社一級建築士事務所が担当し、施工は清水建設株式会社が行いました。ビルには最新の環境技術やセキュリティシステムが導入されており、特にBCP(事業継続計画)対応の設備が充実しています。

名称室町ちばぎん三井ビルディング
所在地東京都中央区日本橋室町1-5-5
主要用途事務所、店舗
構造鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造
敷地面積約1,945㎡
延床面積約29,238㎡
階数地上17階、地下4階
最高高さ約80m
竣工2014年2月
設計株式会社日本設計・清水建設株式会社一級建築士事務所 
デザイン監修 株式会社團紀彦建築設計事務所
施工(仮称)室町東地区開発計画1-5街区建設共同企業体
[清水建設(株)、(株)錢高組]
駐車場計127台(平面2台、身障者1台、機械式駐車場116台、荷捌き8台)
エレベーター設備計9台
事務室用:24人乗り×5基 人荷用(非常用):30人乗り×1基
商業用:15人乗り×2基 人荷用(商業用):22人乗り×1基

アクセス

オフィス移転で

お困りではありませんか?


まずはお気軽にお問い合わせください。

オフィス移転で

お困りではありませんか?


まずはお気軽にお問い合わせください。

目次