【銀座東洋ビル】新時代のビジネスステージ: 2024年2月に銀座東洋ビル10階がセットアップ化(オフィステナント募集情報)

東京のビジネスハブ、銀座に位置する「銀座東洋ビル」は、2024年2月に新たな節目を迎えます。10階にある2区画が最先端のセットアップオフィスに生まれ変わります。この進化は、未来志向のビジネス環境を具現化し、テナント企業にとっての仕事の質を格段に向上させるものです。

この革新的な変更は、ビル内での日々の業務や訪問者の体験を根本から一新します。効率的な仕事の流れ、先進的なオフィスデザイン、そして快適な作業環境が、ビジネスマンたちの生産性と創造性を刺激します。このような環境は、企業が新たなビジネスチャンスを追求し、クライアントとの関係を強化するための理想的な場所となります。

本記事では、この印象的なビルの諸特徴に焦点を当て、銀座東洋ビルがなぜ多くのビジネスリーダーや革新的な企業に選ばれ続けているのかを探ります。また、ビジネスマンたちが日々の業務で直面する課題やニーズにどのように応えているのか、そしてこれらの変化がどのように彼らの働き方に影響を与えるのかについても考察します。

目次

「銀座東洋ビル」の基本情報

「銀座東洋ビル」の基本情報

「銀座東洋ビル」は東京都中央区に位置する、商業とビジネスの融合が特徴的なオフィスビルです。このビルは1983年に竣工され、10階建ての構造を持ち、地上階の面積は約130坪に及びます。建築当時から現代に至るまで、銀座のランドマークとしての役割を果たし続けています。

外観は、窓面が広く設計されており、そのデザインはビルに明るく開放的な印象を与えます。これにより、内部のオフィススペースは自然光に恵まれ、快適な作業環境を提供しています。また、ビルの内観は現代的で洗練されたデザインが特徴で、美しいライティングが空間の質を高めています。

オフィス設備に関しては、OAフロアと個別空調システムを完備しており、快適なオフィス環境を実現しています。さらに、男女別のトイレが各階に設置されており、2基のエレベーターが忙しい通勤時間でもスムーズな移動をサポートします。

銀座東洋ビルは、そのモダンな設計、快適なオフィス環境、そして便利な立地により、多くの企業にとって魅力的なオフィススペースを提供しています。銀座という日本を代表する商業地域の中心に位置するこのビルは、ビジネスの成功を追求する企業にとって理想的な場所です。

物件概要

物件名銀座東洋ビル
所在地〒104-0061
東京都中央区銀座1丁目15−6
竣工1983年3月
規模地上10階
構造鉄骨鉄筋コンクリート(SRC)造
用途・仕様店舗・事務所
空調設備個別空調
基準階天井高2,470mm
基準階面積130坪(429.75㎡)
延床面積1,336.37坪(4,417.77㎡)
駐車場あり(立体駐車場:最大 12台)
床配線方式OAフロア方式(H=50mm)
エレベーター2基
管理形態機械警備
開閉館時間24時間利用可能

アクセス

目次