【REVZO(レブゾ)麹町ビル】利便性に優れた立地と光・風・緑を感じられる建物設計が魅力のオフィスビル(オフィステナント募集情報)

「REVZO(レブゾ)麹町ビル」は、東京都千代田区の三丁目に2025年5月に完成予定のオフィスビルです。

手がけるのは中央日本土地建物グループ。
2020年から新展開した、【「はたらく」をもっと自由で創造的に変革する】オフィスブランドの「REVZO(レブゾ)」は、同年の6月にシリーズ初となるREVZO虎ノ門を完成させています。

「REVZO(レブゾ)麹町ビル」は虎ノ門、日本橋堀留町、一番町に続くREVZO(レブゾ)シリーズ4棟目となるオフィスビルです。今回は、「REVZO(レブゾ)麹町ビル」をご紹介いたします。

目次

REVZO(レブゾ)麹町ビルの基本情報

REVZO麹町ビルの基本情報
参照:REVZO

「REVZO(レブゾ)麹町ビル」は、、中央日本土地建物株式会社と一般財団法人土木建築厚生会が1971年に共同で開発した「麹町共同ビル」をREVZO(レブゾ)シリーズとして建て替えるもので、長年のパートナーシップによって実現した共同建替事業です。

完成後は、中央日本土地建物株式会社がビル全体の賃貸・管理・運営等を行っていきます。

1Fには店舗が入居し、最上階となる13Fには「共用ラウンジ」を設ける予定となっています。その他、REVZO(レブゾ)シリーズで好評の「開閉可能なガラス窓」「バルコニー」などを取り入れ、オフィスにいながらにして光・風・緑を感じられる開放的な空間を演出します。

「REVZO(レブゾ)麹町ビル」は2023年11月に着工が始まっており、2025年5月の竣工を予定しています。

REVZO(レブゾ)とは

中央日本土地建物グループが2020年から新展開したオフィスブランド。

「人と企業のはたらき方を変革<REVOLUTION>し、成長を加速する新拠点 <ZONE>」を表した中央日本土地建物グループが展開するオフィスビルの ブランド名称です。“「はたらく」を解き放つ”をコンセプトとしています。 これまでの概念やルールから解き放たれ、オフィスワーカーひとりひとりが個性や能力を発揮して主役となり、 企業の成長が加速していく、そんな先進的なオフィス空間を提供したいという想いを込めています

参照:REVZO

物件概要

スクロールできます
名称REVZO(レブゾ)麹町ビル
所在地東京都千代田区麹町三丁目2-8他(地番)
用途地域商業地域
用途事務所、店舗
構造鉄骨造
敷地面積740.92㎡(約224.12坪)
建築面積601.18㎡
延床面積6,667.23㎡(約2,016.83坪)
高さ59.58m
規模地上13階建
竣工日2025年5月(予定)
駐車場21台

アクセス

オフィス移転で

お困りではありませんか?


まずはお気軽にお問い合わせください。

オフィス移転で

お困りではありませんか?


まずはお気軽にお問い合わせください。

目次