東京駅前常盤橋プロジェクト【TORCH TOWER】のオフィスのご紹介 


今回は東京・常盤橋に開かれる新しい街。“TOKYO TORCH”。 なかでも日本の新たなシンボルとなる「TORCH TOWER」についてのご紹介です。

東京駅前、再開発が進む日本を代表するビジネスエリア、大手町・丸の内・八重洲・日本橋の結節点「常盤橋」では、3.1haにおよぶ敷地面積を10年超の期間をかけて段階的に開発を行う「東京駅前常盤橋プロジェクト」が進行しています。

プロジェクトの第一期として2021年6月には地上37階建のA棟「常盤橋タワー」が竣工間近です。全体の開業は2027年度予定で、完成時には日本一の高さを誇る地上63階、高さ約390mのオフィスタワー「TORCH TOWER」と7,000㎡の広場を有する新たな東京のシンボルが圧倒的なスケールで誕生します。

TORCH TOWERの建築概要

所在地:東京都千代田区大手町 2 丁目、中央区八重洲 1 丁目

主要用途:オフィス、ホテル、ホール、店舗、駐車場他

竣工:2027年度予定

規模:地上63階 地下4階 (高さ約390m)

貸室面積:約77,400㎡(約23,400坪)

地上62階~地上63階  屋外空間併設の展望施設

地上57階~地上61階  国際級ホテル(約100室)

地上14階~地上50階  オフィス

地上3階~地上6階  大規模ホール(約2,000席)

地下1階~地上6階  商業ゾーン

地下1階        地下鉄コンコースへ直結

地下2階~地上4階  駐車場

 

◆大阪市にある『あべのハルカス』(地上300m)を上回る、日本一高い超高層ビルが誕生!

日本を代表するビルとして、新時代の幕開けをイメージさせるトーチ風の斬新なデザインの外観は、まさに日本を、そして日本のこれからをつくる多様な人々の人生を輝かせる灯り『トーチ(たいまつ)』のように、新たな東京のラウンドマークとなることでしょう。

オフィスフロア

14階から50階がオフィスフロアになります。基準階面積は約1900坪。総貸室面積は約63,600坪。

日本屈指のオフィスフロアとなることはもちろん、多様なニーズに対応可能な利便性とホスピタリティを兼ね備えたオフィスが想定されます。

 

施設概要

◆展望施設

最上階と62階は都心最高層の展望施設となります。地上360mからの眺望は超高層ビル群を眼下に、皇居や富士山、東京湾を一望できる最高のパノラマが広がることでしょう。

◆国際級ホテル

最高の眺望を味わえる国際級の最高グレードのスーパーラグジュアリーホテルが誘致されます。

ロビーには都心にいることを忘れるような、まるで丘陸地にある公園のような緑と風に包まれる希少な丘を創出し、圧巻の眺望とともに唯一無二の体験を演出します。

◆大規模ホール

現代の芝居小屋をイメージした大規模ホールが設備されます。2,000席級の大規模ホールは、都心型MICEネットワークの核としての機能を担うとともにライブエンターテインメントを通じて文化の発信にも寄与します。

また屋上部分は日本橋方面を望む屋上庭園が整備され、リフレッシュや憩いの場となります。

◆商業施設

低層階には約15,000㎡の商業施設が登場。日本の文化を五感で味わえる飲食店舗やエンターテインメント施設を中心に、約150~200の店舗が界隈に新たな賑わいをもたらします。

また、商業ゾーンの一部には、銭湯発祥の地ともいわれる常盤橋ゆかりの温浴施設「常盤湯」の整備も予定されています。

◆空中散歩道

ポストコロナ時代のニューノーマルを見据え、1階から8階に全長約2kmの「空中散歩道」

を整備する計画が発表されました。屋内ばかりでなく屋外からも各フロアへ移動でき、ちょっとしたランニングコースにもなりそうです。

◆大型広場

「常盤橋タワー」(A棟)との間には約7,000㎡の大型広場が設備され、ダイナミックなイベント展開が可能となります。また、広場の一角には「横丁空間」も整備され、都心で昭和レトロな下町気分が味わえます。

 

BCP環境

◆環境対応

地上390m超高層ビルの落差を活かして、水力発電設備を設置する見通しとのこと。その他にも風力発電、太陽光発電も設け、高層気象発電・空調を実施するなど自立・分散型エネルギーの導入と水の自立化に取り組んでいます。また省エネルギー化による環境負荷低減にも取り組んでおり、環境に配慮した建築物となります。

◆耐震構造

建物全体を殻のように包み込むアウトブレースを効果的に利用した外殻制振構造を採用することで、地震時や強風時の揺れを大幅に低減し、国内最高水準の耐震性能を実現します。

◆災害時

広場(約7,000㎡)には、有事の際に災害復旧活動の拠点機能を担うための各種設備(大型ビジョン、Wi-Fi環境等)を実装。加えて大規模ホールを、災害時の帰宅困難者の一時滞在施設、全天候対応の一時滞留スペース等として活用することにより、帰宅困難者支援機能も強化されます。

 

ロケーション&アクセス

JR東京駅日本橋口すぐ。地下鉄5路線が集約した大手町駅接続という都内屈指の交通利便性を備える立地です。

地下鉄コンコースとの直結により、東京駅・大手町駅には雨に濡れることなくアクセス可能で、八重洲、大手町、丸の内、日比谷、その先まで地下歩行者ネットワークで移動できます。将来的には、日本橋駅方面へも地下歩行者ネットワークが開通予定です。

また東京メトロ日本橋駅や三越前駅からも至近です。

多様な通勤手段・働き方への対応として、自転車通勤に対応可能な大規模駐輪場も整備されます。

三菱地所HPより

三菱地所HPより

 

まとめ

「日本を明るく元気にする」を開発コンセプトに計画されている『TORCH TOWER』。

新型コロナウイルス感染症の世界的流行を経験し、リアルが真に提供すべき価値とは何かが問われているなか、リモートでは体験できないリアルな感動や興奮を集積させた『TORCH TOWER』は、世界を明るく輝かせる光をその名にともして、世界に誇る日本の新しいシンボルとして、未来への希望の灯りとなることでしょう。

 



居抜きオフィスでコストを抑えた移転を実現

前入居者の内装造作や什器を引き継ぐことで移転費用を大幅に削減することができます。