【BLUE FRONT SHIBAURA(ブルーフロント芝浦)】浜松町・芝浦エリアに誕生する東京湾岸部の新たなシンボル(オフィステナント募集情報)

「BLUE FRONT SHIBAURA(ブルーフロント芝浦)」

BLUE FRONT SHIBAURA(ブルーフロント芝浦)は、浜松町ビルディングの建替事業として、ツインタワー構成で開発される大規模複合施設です。S棟は2021年10月に着工し、2025年2月に竣工予定、N棟は2027年度に着工し、全体の完成は2030年度を目指しています。

このプロジェクトは、JR「浜松町駅」と東京モノレール「浜松町駅」から雨に濡れずにアクセス可能で、都営地下鉄「大門駅」やゆりかもめ「日の出駅」など4駅6路線を利用できるという、極めて利便性の高い立地に位置しています。羽田空港・成田空港へのダイレクトアクセスも可能で、グローバルなビジネスシーンを強力にサポートします。

目次

「BLUE FRONT SHIBAURA(ブルーフロント芝浦)」の基本情報

BLUE FRONT SHIBAURA(芝浦プロジェクト)の外観
参照:BLUE FRONT SHIBAURA(ブルーフロント芝浦)

「BLUE FRONT SHIBAURA(芝浦プロジェクト)」は、東京都港区芝浦1丁目に位置する大規模複合開発プロジェクトです。このプロジェクトは、浜松町ビルディングの建替事業として、2021年10月にS棟の建設が着工され、2025年2月に竣工予定。N棟は2027年度に着工し、全体の完成は2030年度を予定しています。

プロジェクトの総敷地面積は約4.7haで、建物の高さは約230m、延床面積は約55万m²に及びます。このツインタワー構造のプロジェクトには、オフィス、ホテル、商業施設、住宅など多岐にわたる施設が揃っており、東京湾岸部の新たなシンボルとなることが期待されています。

オフィスフロアは中層部に位置し、1フロア約1,500坪のメガプレートを提供。無柱空間により、企業はフレキシブルなレイアウトが可能で、多様な業務形態に対応します。最新の省エネルギー技術を取り入れた「ZEB Ready」認証を取得し、環境に配慮した設計が特徴です。テラス付きの共用部「スカイラウンジ」や、アプリを活用したデジタル施策で、多様なワークスペースを提供し、新しい働き方「TOKYO WORKation」を提案しています。

さらに、S棟高層部には日本初進出のラグジュアリーホテル「フェアモント東京」が入居予定で、オフィスフロアと連携し、様々な付加価値を提供します。都内有数のバンケットホールやスペシャリティレストランが多様なビジネスシーンをサポートします。

低層部の商業施設には、飲食店を中心に約40店舗が入り、バルコニーやテラスなど自然を感じられる空間が整備されます。イベント施設としての機能も兼ね備え、地域コミュニティの醸成を目指しています。

「BLUE FRONT SHIBAURA」は、環境認証の取得も視野に入れたサスティナブルな設計が施されており、WELL認証、LEED認証、CASBEE認証の最高ランク取得を目指しています。これにより、持続可能な開発と利用者の健康維持を両立し、東京のビジネス環境に新たな価値を提供します。

物件概要

スクロールできます
名称BLUE FRONT SHIBAURA(ブルーフロント芝浦)
計画名(仮)芝浦プロジェクト
所在地東京都港区芝浦一丁目1番1他(地番)
主要用途S棟:事業所、商業施設、ホテル、駐車場
N棟:事業所、商業施設、住宅、駐車場
規模S棟:地上43階 地下3階
N棟:地上45階 地下3階
建物高228.88m(※約235m)
構造鉄骨造 一部 鉄筋コンクリート造 鉄骨鉄筋コンクリート造
敷地面積40,104.29㎡(12,131.55坪)
延床面積550,450.80㎡
貸室総面積15,480.00m2(4,680坪)
基準階貸室面積968.20㎡(292.88坪)
竣工日S棟:2025年度 2月
N棟:2030年度
エレベーター乗用:A〜Fバンク 各バンク6基(27人乗り、1,800kg)
VIP用:2基(17人乗り、1,150kg)
非常用:3基(24人乗り、1,600kg : 2台、40人乗り、2,650kg : 1台)
貨物用:2基(40人乗り、2,650kg)
駐車場463台
駐輪場368台

アクセス

オフィス移転で

お困りではありませんか?


まずはお気軽にお問い合わせください。

オフィス移転で

お困りではありませんか?


まずはお気軽にお問い合わせください。

目次