【再開発プロジェクト】東京ミッドタウン八重洲_八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業のオフィスフロア


この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

再開発が加速する日本の玄関口、東京駅エリア。東京駅東側エリアの新しい「核」であり、変わり続ける東京の新しい「起点」となる三井不動産が進めている再開発事業「八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業」の名称が、「東京ミッドタウン八重洲」に決定しました。港区の「東京ミッドタウン」、千代田区の「東京ミッドタウン日比谷」に続く3施設目となる「東京ミッドタウン八重洲」は、東京八重洲という圧倒的ロケーションにくわえ、ポストコロナ新時代を見据えた、多様な働き方を実現させるオフィスの誕生として注目を集めています。

今回は、新時代の最先端オフィス「東京ミッドタウン八重洲」をご紹介します。

 

建築概要

所在地:東京都中央区八重洲二丁目地内 他

主要用途:(A-1街区)オフィス、店舗、ホテル、小学校、バスターミナル、駐車場 等

主要用途:(A-2街区)オフィス、店舗、子育て支援施設、駐輪場、駐車場、住宅 等

竣工:2022年8月末 竣工予定

規模:(A-1街区)地上45階 地下4階 ペントハウス2階/約240m

規模:(A-2街区)地上7階 地下2階 ペントハウス1階/約41m

貸室総面積:約38,870坪

(A-1街区)

地上39階~地上45階 ブルガリ ホテル 東京

地上7階~地上38階 オフィス

地上24階      スカイロビー、会員制フィットネス、テナント専用無料ラウンジ

地上7階       テナント専用貸会議室

地上4階~地上5階 屋外テラス・ビジネス交流施設・会議室

地上1階~地上4階 中央区立城東小学校

地下3階~地上3階 商業ゾーン

地下3階 バスターミナル

 

◆八重洲には江戸城の外濠として水路があったことから「Billowing Sail」をコンセプトに、通過する船や帆をイメージした全面カーテンウォールの外観になります。

◆施設コンセプトは「ジャパン・プレゼンテーション・フィールド ~日本の夢が集う街。世界の夢に育つ街~」世界中・日本中から人や情報、モノ・コトが集まり、交わり、新しい価値を生み出し世界に向けて発信していく街づくりを目指しています。

オフィスフロア概要

基準階床面積:約1,240坪

天井高:2,900mm(13・19・26・32・37階は3,000mm)

OAフロア:150mm(13・19・26・32・37階は300mm)

床荷重:標準500kg /㎡(ヘビーデューティゾーン:1,000kg /㎡)

電気容量:60VA/m²(13・19・26・32・37階は100VA/㎡)

 

◆東京駅前最大級の面積を誇るオフィスフロア(約1,240坪)で、ワークスタイルの多様性に対応。どんな時でも企業の活動を止めない万全のBCPサポートを備えます。

◆VIP用エレベータ

◆ポストコロナ新時代のオフィス

・接触感染対策:首都圏の大規模オフィス初となる「完全タッチレスオフィス」の導入

顔認証によるオフィス入退館システムの導入、専有部入口の自動ドア化などにより、オフィスワーカーは一切接触行為を行うことなく、執務室への入室が可能となります。また、ホログラムなどの非接触技術も館内に取り入れます。

・エアロゾル感染対策:換気機能の向上

オフィスビル内とエレベーターの空調機へ抗菌高性能フィルターを設置します。

・飛沫感染対策:フィジカルディスタンスの確保

商業施設内の混雑状況をリアルタイムで提示し、施設内の密を避けると同時に、どの店舗が空いているかなどを事前に知ることでオフィスワーカー等店舗利用者の利便性を向上します。

◆オフィスロボット技術の活用

・ビルメンテナンス業務の省人化に向けた「清掃ロボット」「案内ロボット」「運搬ロボット」

・オフィスワーカーのユーザビリティの向上貢献する「デリバリーロボット」

さらにロボットが自立走行でエレベーターに乗降できる機能や館内でのロボット充電ステーションの設置など、ハード・ソフト両面での取り組みを加速します。また、施設内に5Gを導入することで、複数ロボットを同時に運用することが可能になります。

◆多様な働き方を実現させる最先端オフィスの提供

法人向けシェアオフィス「ワークスタイリング」

コロナ禍においてニーズの高まる個室の室数やバリエーションを増やし、多様な用途に対応可能なカンファレンス・会議室を設けることで働き方の柔軟性を提供します。さらに全国にある100拠点以上の「ワークスタイリング」のオフィスを活用することで、可変性を持ったオフィスの拡張施設として働く場所の選択肢を広げるだけではなく、オフィスそのものに備えるべき機能・役割を限られたスペースの中で最大化させることも可能となります。

テナント向け会員制施設・サービス「mot. 三井のオフィス for Tomorrow」

テナントが利用できる専用の会議室やラウンジ・フィットネスジムを提供するなど、オフィス機能の補完だけでなく、暮らしに関する+αの提供や、従業員のウェルビーイングの向上をサポートします。

健康経営支援サービス「&well」

アプリを通じて健康促進のためのきっかけづくりを提供しながら、大小さまざまなイベントを実施することでその継続を促し、企業の健康経営だけでなく、従業員同士、さらには企業間のコミュニケーションの活性化を促します。

『三井のオフィス』に入居するテナント・従業員同士を繋げる会員制WEBサイト「&Life-Biz」

全国約30万人の『三井のオフィス』に入居する従業員の皆様を、ビジネスサポートやイベントの実施によって、オン/オフの垣根を超えたコミュニティの創出をお手伝いします。

◆グリーン電力の活用

入居テナントのニーズに応じて、グリーン電力を使用することが出来る「グリーン電力提供サービス」を導入。施設内の使用電力に、三井が保有・開発した全国5か所の太陽光発電所の環境価値を付加する初の事例です。

◆オフィスへのアプローチ

・24階のスカイロビー

・2階オフィスロビー

施設

◆ホテルズ&リゾーツ

39階~45階(A-1街区)には、日本初進出となる「ブルガリ ホテル 東京」が開業。客室はツインやダブルルームを中心に、ラグジュアリーなスイートから究極のブルガリスイートまで98室を用意。 バー、レストラン、スパ、プール、ボールルーム、チャペルなども完備します。

◆ラウンジ・フィットネスジム

24階には、会員制フィットネスクラブ・テナント専用無料ラウンジを設置。

◆貸会議室

7階にはテナント専用貸会議室を設置。

◆屋外テラス・ビジネス交流施設

4・5階には憩いの場となる屋外テラスと、企業間のコミュニケーションを創出するビジネス交流施設を設置。

◆子育て支援施設

A-2街区2・3階には働き方の多様化を支援する子育て支援施設を整備。

◆商業施設

地下1階~3階(A-1街区)、1階(A-2街区)にはワーカー・来訪者・国内外の観光客の交流と賑わいを創出し、日本の玄関口という立地を活かした発信力のある商業施設・約60店舗が出店予定です。

 

ロケーション&アクセス

日本全国につながる新幹線をはじめ、鉄道、地下鉄、バスなど多彩なモビリティの結節点=ターミナル拠点であり、空港へのダイレクトアクセスが可能な鉄道・バス路線を有するなど、まさに日本の玄関口「東京駅」八重洲口真正面

JR「東京」駅地下直結(八重洲地下街経由)

東京メトロ丸の内線「東京」駅地下直結(八重洲地下街経由)

東京メトロ銀座線「京橋」駅 徒歩3分

東京メトロ東西線、銀座線、都営浅草線「日本橋」駅徒歩6分

という好立地です。

また、「東京ミッドタウン八重洲」地下2階にバスターミナルを設置。東京駅前3地区の再開発事業が連携することにより、東京駅周辺の歩道上に分散している高速バス停留所を集約、国際空港や地方都市を結ぶ高速バスが発着する国内最大規模のバスターミナルとなります。

まとめ

圧倒的な交通利便性を活かし世界への出発点となる拠点として、またポストコロナ新時代を想定し、多様な働き方改革を実現させる最先端オフィスとして、新たな成長や挑戦の機会があふれる拠点として「東京ミッドタウン八重洲」の竣工が待たれます。

 


関連記事

記事がありません
運営会社・お問合せ

 

 

株式会社スリースター

東京都港区西新橋3-23-6

マーケティング事業部

電話:03-6432-4100