オフィスにカフェを設置するメリットとは?社内外で人気のオフィスカフェ事例をご紹介!


 

昨今問題となっている労働人口の減少や、国による働き方改革の推進によりオフィスの形が変わりつつあります。オフィスは一日の長い時間を過ごす場所であるため、効率性や快適性が必要とされます。

このような流れのなかで注目されているのが、オフィスにカフェを設置することです。以前は一部の企業でしか見られなかったオフィスカフェですが、近年は増加傾向にあります。

では、オフィスカフェを置くことで企業に良い影響があるのか、メリットや導入事例についてご紹介いたします。

 

オフィスカフェとは?

オフィスカフェとは、単なる休憩できる場所ではなく、リラックスでき、さらにリフレッシュ効果も期待できる工夫がされた空間のことを言います。居住性のよい椅子やテーブルを備えてカフェにいるような気分になれる空間がつくられています。ほとんどのオフィスカフェではドリンクも用意されています。

仕事を行う場所とは違う空間に身を置くことによって業務とは離れて気分転換にもなり、仕事以外の話ができるためコミュニケーションがとれて社員同士の関係性も良い影響を与えることが期待できます。

カフェスペースには自然と人が集まるため交流が増え、コミュニケーションが増えることで縦横の繋がりもできます。

また、オフィスカフェによるリラックス空間により、従業員からの好感度も上がることが見込めます。

 

オフィスカフェによるメリット

  • 業務の効率が上がる

オフィスカフェという空間によって、年齢層や性別に関係なく話せることに加え、リフレッシュすることができます。業務に集中するには気分転換も必要なので、適度な息抜きとなります。外出する必要もなく、金銭面や時間の面でも節約ができ、業務効率もあげることができるかもしれません。

 

  • コミュニケーションがとれる

オフィスカフェでは、普段言葉を交わす機会のない相手とも挨拶や会話が始まるきっかけになる場所です。従業員同士の多様な人間関係構築の場所としてオフィスのよい環境づくりにも貢献できます。また、おしゃべりなどから新しいアイデアが生まれることも期待できます。

 

  • 健康促進

働きすぎで知られる日本人ですが、連続作業には適度な休止が推奨されているため、デスクワークから離れることを促すことも重要になってきています。オフィスカフェの設置によりデスクから離れる人が増えることで、社員の健康促進へとつながります。

 

上記のほか、採用活動の際のアピールポイントにもなるためオフィスカフェの設置には様々な面のメリットが盛りだくさんになっています。

 

オフィスカフェ事例

①Yahoo! JAPAN

ヤフーは従業員の働きやすさや健康、また、新しいアイデアが生まれやすくなるためにいろいろな工夫をしています。その1つがオフィスカフェの設置です。

ヤフーのオフィス内に「LODGE」というコワーキングスペースがあり、以前は従業員以外に社外の方も登録をすれば利用可能でした。利用者同士を結び付けることで情報交換ができ、新たな協業を生み出していく仕組みとなります。その中にカフェや会議室、キッチンなどを設けることで多目的に利用ができます。現在はコロナの影響で閉鎖中です。

参照:ニューノーマルに適した新しいかたちへ|LODGE

 

②コニカミノルタ

社員からのリクエストにより東京の本社にオフィスカフェを導入しています。社員だけではなく、社外の訪問者も利用ができます。毎日いろんな人が利用している人気のスペースです。また、眺望の良い場所であり木目調のリラックス感あふれる空間が人気です。来客者へのおもてなしスペースとしても使われており、そこで用意されているコーヒーは従業員が選んだ香り高いコーヒー豆というこだわりもうかがえます。

価格は1杯100円とリーズナブルな設定です。ポイント制になり、たまると1杯もらえるサービスになります。オフィスカフェを利用するよう、社内の自動販売機にはコーヒーを置いていません。その効果もあり、オフィスカフェは黒字経営が実現しています。

参照:コニカミノルタのカフェ導入事例

 

③株式会社ドリコム

株式会社ドリコムでは、渋谷にあるカフェがプロデュースしたカフェがオフィスカフェとして併設されています。従業員は、福利厚生価格でコーヒーを飲むことができます。プロのバリスタも常駐しているため本格的なオフィスカフェ空間になります。

仕事だけではなくリラックススペースとしても利用でき、社内外の方とのコミュニケーションもできます。またオフィスカフェにて、勉強会や説明会なども開催していらっしゃるそうです。

参照:株式会社ドリコム オフィス訪問

 

まとめ

今回は、オフィスカフェを設置するメリットや事例をご紹介いたしました。オフィスカフェがあることで社員同士はもちろん、社外の人ともコミュニケーションがとれることや、リフレッシュができる効果があるなど、メリットがたくさん考えられます。

また社員の健康面も意識しているところが伺えました。

これからの日本において労働人口は減少することが予測されていることもあり、企業側が社員とのエンゲージメントを高めていく重要性が加速すると思われます。そしてオフィスカフェを設置することにより、従業員の心身の疲労を減らし、業務効率の向上も見込めます。しかし、オフィスカフェを置いてすぐに効果が出るというわけでもありません。

会社の規模や従業員の声を聞いて自社にあったカフェスタイルを考えてみてはいかがでしょうか?



居抜きオフィスでコストを抑えた移転を実現

前入居者の内装造作や什器を引き継ぐことで移転費用を大幅に削減することができます。



都心最大級の物件数。エリアや面積から物件を検索

約6万棟以上のオフィス物件情報を網羅。エリアや路線、面積から物件を検索、絞り込むことが可能です。