【JPタワー】東京駅直結!エリアトップクラスのスペックを持つ先進オフィスタワー(オフィステナント募集情報)

「JPタワー」は、2012年5月に竣工した東京のランドマークである高層ビルです。このビルは、旧東京中央郵便局の歴史を受け継ぎながら新しい時代のビジネスの中心地として誕生しました。

旧東京中央郵便局は1931年に開局し、その独特なアール・デコ様式の建物は、長らく丸の内のシンボルとして親しまれてきました。新たな「JPタワー」の開発にあたっては、この歴史的建造物の一部を保存・再利用し、現代的な高層ビルと調和させるという挑戦が行われました。この結果、ビルはその歴史的な価値を保ちながらも、次世代の機能を備えた魅力的な空間として生まれ変わりました。

「JPタワー」は、旧東京中央郵便局の面影を残しつつ、丸の内地区の新たなランドマークとして多くの人々に愛されています。この記事では、オフィスとしても商業施設としても魅力があふれる「JPタワー」の物件概要や特徴などについて詳しくご紹介します。

JPタワーのおすすめポイント
  1. アクセス:東京駅地下直結の利便性
  2. 面積:約970坪の大規模オフィスフロア
  3. 施設:KITTE丸の内など多数の施設がビル内に入居
  4. 専用スペース:サードプレイスとして利用できる入居者専用ラウンジ
  5. 安全性:安心のセキュリティとBCP対策
目次

JPタワーの基本情報

「JPタワー」の建設プロジェクトは、日本郵便株式会社、東日本旅客鉄道株式会社、三菱地所株式会社の共同事業として進められました。計画は2009年に始まり、旧東京中央郵便局舎の一部保存と新しい高層ビルの建設が並行して行われました。

このプロジェクトの背景には、丸の内地区の再開発と東京駅周辺のビジネスインフラの強化という目的がありました。旧郵便局舎の保存部分は免震構造が採用され、現代の耐震基準を満たすための技術が導入されました。また、新しい高層部分には最先端の環境技術やエネルギー効率の高いシステムが取り入れられています。

このプロジェクトは、歴史的価値の保全と現代的機能の融合を実現した成功例として評価されています。2012年の竣工後、「JPタワー」は多くの企業や商業施設が入居し、丸の内エリアの新たなビジネスハブとして機能しています。

物件概要

スクロールできます
物件名JPタワー
所在地〒100-0005
東京都千代田区丸の内2-7-2
アクセス・JR各線「東京」駅 地下道より直結
 東海道本線・京浜東北線・山手線・中央線(快速)横須賀線・総武線(快速)・京葉線
・東京メトロ丸の内線「東京」駅 地下道より直結
・東京メトロ千代田線「二重橋前〈丸の内〉」駅 徒歩2分
・都営三田線「大手町」駅 徒歩4分
・JR京浜東北線・山手線「有楽町」駅 徒歩6分
・東京メトロ有楽町線「有楽町」駅 徒歩6分
用途オフィス、商業施設、郵便局、カンファレンス、駐車場 等
竣工2012年5月
規模地上38階・地下4階・塔屋3階
構造鉄骨造・一部鉄骨鉄筋コンクリート造
延床面積212,043.05㎡ (64,143.02坪)
有効面積92,767.530㎡ (28,062.18坪)
敷地面積11,633.87㎡ (3,519.25坪)
建物高さ最高部 200.0m
空調設備各階8分割にゾーニング+VAV方式
平日 8:30-19:00
床荷重500㎏/㎡(ヘビーデューティーゾーン:800kg/㎡)
天井高2,950mm(OAフロア設置後)※特殊階:最高3,500mm
基準階面積3,213.16㎡ (971.98坪)~2,697.05㎡ (815.86坪)
駐車場260台 (高さ 3,100mm)
全日 6:00~23:00
定期契約車は24時間入出庫可
床配線方式OAフロア(高さ150㎜)※特殊階:最高300mm
エレベーター乗用 32台 貨物用 2台
開閉館時間全日 6:00~24:30
管理形態24時間有人管理、夜間はカードによる入退館
設計管理株式会社三菱地所設計

アクセス

オフィス移転で

お困りではありませんか?


まずはお気軽にお問い合わせください。

オフィス移転で

お困りではありませんか?


まずはお気軽にお問い合わせください。

目次