< TOP

居抜きオフィスで
入居費用を節約!

オフィス物件の探し方は従来の原状回復しているオフィス物件を探すだけではなくなりました。それは前テナントが残した造作物をそのまま承継する居抜オフィスという新しい形が出来たからです。今までのオフィス移転は大きな費用が発生してました、まだ使える会議室や応接室、エントランスや木目の床材、これを前テナントから引き継ぐだけでも大きなコストメリットが生まれます。コストメリットで浮いたお金を事業に展開でき、格好いいオフィスがそのまま賃貸できる可能性があります。
【VIVIT】ではそんな居抜オフィス物件を集めたサイトを運営しております。居抜のオフィス物件は現状回復する前までの短い期間だけ募集をするオフィス物件が主流です。中に賃貸人が居抜で募集をしているものもありますので、このような居抜オフィス物件はゆっくり募集を行っています。一般公開されていないオフィス物件多数ある 【VIVIT】をご覧ください。当社のサイトでは掲載できない大型オフィス物件の居抜きも用意しております。どなたでもしっているオフィスで且つ居抜きで募集しているシークレットな情報もございます。是非お問合せください。

1

オフィスの検索

VIVITで居抜きの物件を一発検索!

2

物件への問い合わせ

お気に入りの物件が見つかったら、お問い合わせフォームから お問い合わせ下さい!

3

マッチング成立

管理会社、貸主様の合意のもと契約をすすめます。

4

浮いた費用で...

浮いた費用は新しい設備投資、人材採用、社員還元などなどに活用できます!

MERIT 居抜きオフィスのメリット

入居工事費用が節約できる!

入居工事にかかるオフィス移転の相場は移転先のオフィスによりますが、坪10万円から30万円ぐらいの費用が発生します。30坪なら300万から900万円。50坪なら500万円から1500万円です。このコストがある程度軽減できるとしたら検討するべきです。但し100%マッチングする居抜きオフィスは無いかもしれません、そのため部分的な居抜きなどを当社がコンサルいたします。また、綺麗な状態で居抜きオフィスを借りて、退去の時がきましたら、そのまま居抜きでオフィスを貸せる可能性があるかも、、

すぐに入居できる!

居抜のオフィスのもう一つのメリットはすでに工事が終わっているため、少ない工事でオフィスに入居できることです。物件によってはコンセントタップなどの細かい作業を要する部分も設置していることが多いため、とても助かります。空調工事、エントランス工事、壁たてなど工程がかかる工事個所が仕上がっているのは大変助かりますよね。特殊物件では煙を吐き出す配管ルートの設置なども、もちろん終わっているためとても便利です。

CHECK POINT ここがすごい! 

POINT1

「居抜きで出たい!」という当サイトメンバーが
物件を随時投稿!

【VIVIT】は毎月100件近い会員登録、6万人の方に視聴いただいている日本最大級の居抜きマッチングサイトです。閲覧者から問合せがあるのはもちろん1,000社以上の会員登録者に配信いたします。

POINT2

マッチング後の手続きを
スタッフがフォロー

当社は仲介業者のため、貸主様とテナント様両者のフォローを円滑に行います。宅建主任者によるアドバイスの体制を整えています。

POINT3

部分的な家具の買取など
カスタマイズができる

居抜きは造作物だけではなく、いらなくなった家具を直接他のテナント様に値段を付けて販売できるポータルサイトも運営いたします(2020年中リリース予定)