仮称)オークラオフィスプロジェクト【新築ビルテナント募集】

仮)ホテルオークラ本館建替え

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

2019年竣工予定『ホテルオークラ本館』建替えプロジェクト

おすすめポイント

  • 「ホテルオークラ」の知名度の高さ

  • 1フロア690坪のフロアプレート

  • 敷地内の緑化率の高さ

  • BCP対応(制震構造、電力供給など)

  • ホテルのサービスを利用できる

アクセス

[map addr=”東京都港区虎ノ門2-10-4″ width=”500″px height=”400px” zoom=”17″]

 

現地写真(360°カメラ)

 

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

配置図

オークラ本館建替プロジェクト

オフィスフロア

ホテルオークラとして初めてのオフィス事業です。

東京オリンピックに向けて、訪日外国人が増えていることもあり、

客室の増室と設備改善のために建て替える模様です。

建物は、2棟の構成(オフィス・ホテル棟、ホテル棟)となっており、

高層棟(41階建て)の8階から25階がオフィス部分になります。

基準階面積は約690坪、天井高2850㎜。エレベーターはダブルデッキ方式(2階建て)を採用します。

都心のオフィスビルとしては、敷地の緑化率が高いので、景色もお散歩も楽しめると思います。

最寄り駅は、日比谷線の新駅が最寄り駅になる予定です。

また、江戸見坂側にはエスカレーターを建設予定ですので、アクセス面で懸念される勾配も解消されそうです。

ホテルオークラという、歴史ある建物の建て替えですので、以前の建物の雰囲気をデザインに取り入れる模様です。

ホテルと一体のビルでは、ホテルのサービスを利用することができたり、

空港リムジンバスが発着するなどのメリットがあります。

オークラ本館建替プロジェクト

オフィスエントランスロビーイメージ

オークラ本館建替プロジェクト

3F オフィスエントランスロビーイメージ

オークラ本館建替プロジェクト

庭園イメージ

オークラ本館建替プロジェクト

庭園イメージ

物件概要

所在地:東京都港区虎ノ門2-10-4

竣工:2019年6月予定

規模:地下1階地上41階(うちオフィスフロアは8階から25階)

基準階面積:約690坪

天井高:2,850㎜

BCP対応:制震構造、非常用発電機、ガスコージェネレーション(中圧ガス使用)

オフィス部分のテナント募集の詳細につきましてはお問い合わせください。

【お問合せ】

電話でのお問合せ:0120(733)383

☆ ☆ ☆ オ フ ィ ス 物 件 サ イ ト ☆ ☆ ☆

賃貸オフィスの検索はオフィスターへ

オフィスターロゴ

【ブログ会員登録(無料)について】

会員登録(無料)をして頂くと、注目物件のパンフレットをダウンロードできます。

また、定期的にメールマガジンを配信させて頂きます。

 


運営会社・お問合せ

 

 

株式会社スリースター

東京都港区西新橋3-23-6

マーケティング事業部

電話:03-6432-4100