人気の『居抜きオフィス』とは?メリット・デメリットを詳しくご紹介!


居抜きオフィスとは、現在入居している企業が退去したあとに、内装造作や設備、備品などをそのまま引き継いで入居することができるオフィスです。

受付や会議室、執務エリアなど、働く場所として必要な設備などが既に設置されているので、効率的に新しいオフィスを始めることができます。

ただし、居抜き物件ごとに引き継ぐ内装や什器などの条件は異なります。

オフィス移転の際にかかる、入居時の内装工事費や退去時の原状回復工事費は思っている以上にコストがかかる可能性が考えられます。そのため、居抜きでのオフィス移転はコストを抑えたい企業にお勧めです。また、レイアウトを考えたり、工事や備品搬入の手配などもとても時間がかかるものです。できるだけ早くオフィス移転をしたい場合も居抜きオフィスを検討してみてはいかがでしょうか?

今回はそんな居抜きオフィスの入居前に確認しておきたいメリットデメリットなどをご紹介いたします。

居抜きオフィスのメリット

  • 入居時の内装工事費や、新しいオフィスの家具や設備・備品などの購入費用を抑えられる。
  • 退去時の原状回復工事の費用や、オフィス家具の移転や処分費用を抑えられる。
  • 業者との打ち合わせや備品などを選ぶ時間も削減できる。
  • 退去する側も原状回復工事の費用を抑えられる。移転の際に家具や設備を運ぶことや、処分する必要がないため移転がスムーズにできる。
  • 新しく入居する側もすぐにオフィスを利用することができる。
  • セットアップオフィスと異なり、賃料は上乗せされていない。
  • コロナ禍の影響で、使用期間の短い物件が増えている。

15坪から50坪程度のオフィスの場合、借主が変わっても同じようなレイアウトになることが多くなります。受付や会議室、廊下などの配置はだいたい同じようなレイアウトになるため、新しいオフィスに移転しても前テナントと同じような設計になる可能性が高くなります。それならば、居抜きオフィスを選んだ方がかなりのコスト削減ができ、大きなメリットになるでしょう。

居抜きオフィスのデメリット

  • 前入居者のレイアウトをそのまま使うため、全てが理想通りにはならない。
  • 検討期間が限られる。(例:〇月〇日までに成約することが居抜き引渡しの条件)
  • 入居のタイミングが限定される。(例:居抜き引渡しの場合、〇月〇日から契約開始)
  • セットアップオフィスと比べるとデザイン性が低い物件が多い。
  • 引き継いだものは残置物扱いのため、故障した場合は修理費用を負担する必要がある。

居抜きオフィスが増えてきた理由

従前は、飲食店や美容室などで居抜き物件が流通していましたが、最近は、賃貸オフィス市場でも居抜きでの入退去が広まっています。

大きな理由としては、コロナ禍でオフィスを解約する企業が増えているという現状があるようです。移転の頻度は5年から10年程度と言われていました。そのため、居抜きとして出で来る物件も使用感のある物件が多かったのですが、コロナ禍は入居して間もない、新品のような物件が多く出てきています。

居抜きで退去することにより、原状回復工事が必要ないため環境にも優しく、退去側と入居側の需要と供給が合うようになったことも、居抜きオフィスが増えてきた理由になります。

居抜きサイトvivitの物件登録数の推移

2020年4月の緊急事態宣言以降、居抜き物件の登録が急増しています。

居抜きサイト【vivit】の物件登録数の推移

居抜きオフィスの注意点

居抜きオフィスは物件の状況をしっかり確認する必要があります。コストを抑えたくても、かえってコストがかかってしまうことにならないよう以下の点を注意しましょう。

  1. 古い物件の場合、内装や備品が使えないことも考えられるため状態をしっかり確認しましょう。使えない場合は、工事や処分費用がかかり余計な出費になります。
  2. レイアウト図面を確認しましょう。前の借主と異業種だった場合、レイアウトが使いにくい場合も考えられます。事前に内見をした際に自社でも使えるレイアウトになるかしっかり確認しましょう。
  3. クリーニング費用の確認をしましょう。入居の際オフィスが汚れていることや、残置物が残っている場合クリーニングや処分費用を誰が負担するのかでもめてしまう可能性があります。そのため、クリーニング費用負担などしっかり確認が必要です。
  4. 退去時の原状回復について確認しましょう。居抜きオフィスの場合、前テナントの原状回復義務を承継することになります。入居前に、原状回復費用が大体いくらくらいかかるか確認しておきましょう。前テナントがどのような工事を実施しているか。図面で確認するのが望ましいでしょう。
  5. 前テナントが什器を置いていく場合、どの什器を置いていくのか、図面をもとに認識を合わせましょう。

まとめ

居抜きオフィスはコストを抑えたい企業や、手間をかけずにできるだけ早くオフィス移転をしたい企業にお勧めです。

しかし、今回紹介した注意点などをしっかり確認しておかないと思わぬコストがかかってしまう可能性もあります。また、内装や備品などが自社に合っているか、どのような設備を引き継ぐことになるのかを内見の時にしっかり確認し、実際にオフィスとして働く際の動線などをしっかり確認することをお勧めいたします。



居抜きオフィスでコストを抑えた移転を実現

前入居者の内装造作や什器を引き継ぐことで移転費用を大幅に削減することができます。



都心最大級の物件数。エリアや面積から物件を検索

約6万棟以上のオフィス物件情報を網羅。エリアや路線、面積から物件を検索、絞り込むことが可能です。