ハーフセットアップオフィスとは?コスト削減と柔軟性を両立する新しいオフィスの借り方

ビジネスの成長や働き方の変化に柔軟に対応できるオフィスとして注目されているオフィスが「ハーフセットアップオフィス」です。このオフィス形態は、内装工事が完了している一方で、家具や什器の設置は入居企業が自由に行えるため、自社のブランドや業務スタイルに合わせたカスタマイズが可能です。

特に、急速に成長するスタートアップやベンチャー企業にとって、初期費用を抑えながらも迅速に業務を開始できる点が大きな魅力です。また、プロジェクトごとに柔軟に対応できる短期契約が可能なため、リソースを効率的に活用でき、成長戦略に適しています。さらに、リモートワークやハイブリッドワークが普及する現代において、ハーフセットアップオフィスは必要な機能を備えつつ、迅速な環境整備が求められる企業にぴったりです。

この記事では、ハーフセットアップオフィスの魅力や具体的な利用事例、通常のオフィスとの違いなどについて詳しく解説します。

目次

近年注目されている「ハーフセットアップオフィス」とは?

近年、オフィス移転の初期コストや打ち合わせなどの工数の手間は削減しつつ、自社の好みやイメージに近づけられるオフィスとして「ハーフセットアップオフィス」が注目を集めています。

このオフィスタイプは、特に初期費用をあまりかけたくないスタートアップ企業や移転業務に人員を割きにくいベンチャー企業などを中心に人気が高まっています。

そもそもセットアップオフィスとは?

セットアップオフィスとは、内装工事(一部物件は家具の設置まで)が完了している状態で入居できる賃貸オフィスタイプを指します。具体的には、床、壁、天井、照明などの基本的な内装工事はすでに施されており、エントランスや執務スペース、会議室などの必要最低限の間取りで構成されているオフィスです。

オフィス家具や設備が揃っている場合、入居後すぐに業務を開始できます。通常の賃貸オフィスと比べて、内装工事や家具の設置にかかる手間を省けるため、時間と労力を大幅に節約できます。

オフィス移転に手間をかけたくない企業やスタートアップ企業、ベンチャー企業などにとって、非常に適したオフィスタイプです。

ハーフセットアップオフィスとは?

セットアップオフィスには大きく分けて2種類あり、「フルセットアップオフィス」と「ハーフセットアップオフィス」に分類されます。「ハーフセットアップオフィス」とは、内装工事が完了しているものの、家具や什器が一部のみ設置されているか、すべて自社で用意するオフィスを指すのが一般的です。

しかし、ハーフセットアップオフィスには明確な定義がなく、オーナーによっては、内装工事を一部のスペースだけ完了させた物件も存在します。今回は、前者の一般的なハーフセットアップオフィスについて解説しております。

ハーフセットアップオフィスには、デスクや椅子、キャビネットなどのオフィス家具は設置されておらず、入居企業が自社のニーズに応じて追加で購入する必要があります。物件によっては、会議室だけに家具が設置されていることもあります。

通常のオフィスとの違い

通常の賃貸オフィスは、基本的に空間のみが提供されるため、企業自身で内装を決めて工事業者を手配して、必要な設備や家具を揃える必要があります。この場合、まずオフィス家具やITインフラの調達から始まり、内装工事、レイアウトの設計など、すべて自社で準備しなければなりません。これらの準備作業には、業者の選定、見積もりの取得、契約の手続きなど、多くの時間と労力がかかり、入居までに数ヶ月かかることも珍しくありません。

一方、「ハーフセットアップオフィス」では、すでに内装工事が完了している状態で引渡しを受けることになるため、レイアウトの設計や内装デザイン・内装業者の選定、実際の内装工事にかかる時間を節約することができます。また、内装工事費用は賃料に上乗せされる形になっているため、初期段階では費用を大幅に削減することができます。

特に、リソースが限られているスタートアップやベンチャー企業にとって、初期費用を抑えつつ迅速に業務を開始できるハーフセットアップオフィスは非常に魅力的な選択肢となります。

貴社に最適なオフィス物件を

ご提案します

お急ぎの方は0120-733-336までご連絡ください

貴社に最適なオフィス物件を

ご提案します

お電話でのお問い合わせは0120-733-336

このような企業に「ハーフセットアップオフィス」は適しています

以下に挙げた項目に当てはまる企業は、ハーフセットアップオフィスを検討してみましょう。

成長フェーズのベンチャー企業

成長フェーズのベンチャー企業やスタートアップ企業は、迅速な拡大や変化が発生する可能性が高く、それに伴ってオフィスも柔軟に対応する必要があります。内装工事が完了しているハーフセットアップオフィスは、通常オフィスと比べて、入居も退去もスムーズに進めることができます。また、初期費用を抑えることで資金を他の重要な領域に充てることができる点も魅力的です。

自社のブランドやスタイルをオフィスに反映させたい企業

デザイン事務所や広告代理店など、独自のブランドやスタイルをオフィスに反映させたい場合、ハーフセットアップオフィスであれば家具や什器を自分たちで選定することができるため、オフィス環境を好みに合わせて自由にカスタマイズすることができます。これにより、従業員のモチベーションや創造性を高める効果も期待できます。

プロジェクト単位でオフィスを利用したい企業

IT開発会社やコンサルティング会社など、一定期間のみ特定のプロジェクトに集中する必要がある企業は、ハーフセットアップオフィスを利用することで、プロジェクト終了後のオフィス移転をスムーズに行うことができます。ハーフセットアップオフィスの損益分岐点は、通常のオフィスに入居して内装工事を自身で行った場合と比較して3年から5年とされています。したがって、2~5年以内程度で完了するプロジェクト向けのオフィスを探している場合、ハーフセットアップオフィスが適していると言えるでしょう。

初期費用をできるだけ抑えたい企業

内装工事が完了しているため、通常の賃貸オフィスに比べて初期費用を抑えることができます。加えて、通常のオフィス物件では敷金が賃料の約6ヶ月分から12ヶ月分必要なのに対し、ハーフセットアップオフィスでは保証会社を利用することで、敷金が0円になる物件も多数存在します。そのため、コスト効率を重視する企業にとって、非常に魅力的な選択肢となります。

ハーフセットアップオフィス」のメリットと効果

ハーフセットアップオフィスは、内装工事にかかる時間と費用を大幅に削減できるため、短期間での入居が可能です。また、フルセットアップオフィスと比較してランニング費用が抑えられるため、コストパフォーマンスにも優れています。さらに、企業は自社のブランドや業務スタイルに合わせた家具や什器を選定できるため、オフィス環境をカスタマイズする自由度が高い点も大きな魅力です。

初期費用の削減

ハーフセットアップオフィスでは、内装工事がすでに完了しており、その費用は賃料に含まれる形で請求されるため、初期費用としての内装工事費が不要となります。これにより、通常の賃貸オフィスと比べて初期費用を大幅に削減できます。一般的な賃貸オフィスでは、敷金として賃料の数ヶ月分から12ヶ月分が必要ですが、ハーフセットアップオフィスでは保証会社を利用することで、敷金が0円となる物件も多数あります。結果として、入居時のコストを大幅に抑え、資金を他の重要な業務や設備に回すことが可能です。

スピーディーな入居

内装工事が完了しているため、短期間での入居が可能です。通常の賃貸オフィスでは、内装デザイン・レイアウトに関する打ち合わせや内装工事、設備の設置などに数ヶ月かかることが一般的ですが、ハーフセットアップオフィスではこうした手間が省けます。これにより、企業は迅速に業務を開始することができ、ビジネスのタイムロスを最小限に抑えることができます。

自社に合わせたカスタマイズ性

ハーフセットアップオフィスは、家具や什器がすべて設置されていないもしくは一部のみ揃っている状態で引渡しを受けるため、自社のブランドや業務スタイルに合わせて家具を購入したり、設置したりすることが可能です。自分たちのニーズや好みに応じてオフィス環境を整えられるため、独自の職場文化や雰囲気を作り上げることができます。これにより、従業員のモチベーションや満足度も向上するでしょう。

コスト効率の向上

ハーフセットアップオフィスは、フルセットアップオフィスに比べてランニングコストが抑えられます。初期費用が低いだけでなく、必要な家具や設備を自社で選定することで、無駄なコストを削減できます。さらに、短期間での利用が多い場合、損益分岐点を考慮すると非常にコスト効率が高い選択肢となります。

退去時の手間を軽減

通常の賃貸オフィスでは、退去時に原状回復工事として間仕切り壁の撤去や大規模な解体工事を行う必要がありますが、ハーフセットアップオフィスではこの手間が大幅に軽減されます。内装工事は貸主側が行っているため、退去時には壁の取り壊しなどを行う必要がなく、壁や床の張り替えなどの簡単な対応で済みます。これにより、工事にかかる時間を大幅に削減できます。

また、退去時には自社で購入して持ち込んだ家具のみを持ち出せば良いため、移転もスムーズに行えます。このように、ハーフセットアップオフィスは退去時の手間と時間を大幅に削減することができます。

貴社に最適なオフィス物件を

ご提案します

お急ぎの方は0120-733-336までご連絡ください

貴社に最適なオフィス物件を

ご提案します

お電話でのお問い合わせは0120-733-336

「ハーフセットアップオフィス」のデメリットと注意点

ハーフセットアップオフィスには多くの利点がありますが、選ぶ際にはいくつかの注意点も考慮する必要があります。企業が新しいオフィス環境に円滑に移行し、最大限の効果を引き出すためには、事前に確認しておくべき事項があります。

このセクションでは、ハーフセットアップオフィスを移転先として検討する際に重視すべき重要なポイントについて詳しく解説します。

長期契約の割高感

ハーフセットアップオフィスは、内装工事費用が賃料に含まれているため、短期間の利用にはコストパフォーマンスが良いものの、長期的に見ると割高になることがあります。通常のオフィスでは内装工事費用を初期費用として一度に支払うため、長期間利用する場合にはコストが均等化されますが、ハーフセットアップオフィスでは賃料に工事費用が上乗せされているため、長期間利用すると結果的に高額な支払いになる可能性があります。

このため、5年以上の長期利用を考える企業にとっては、コスト面でのデメリットが顕著になるでしょう。

追加工事の制限

ハーフセットアップオフィスでは、内装工事が既に完了しているため、企業が自社のニーズに合わせた追加工事を行うことが制限される場合があります。例えば、会議室を増設したい、受付スペースを拡張したいといった要望がある場合、貸主の許可が必要であったり、大規模なレイアウト変更ができなかったりすることがあります。この制約は、特にオフィス環境を頻繁に変更する必要がある企業にとっては、大きなデメリットとなり得ます。

オフィス環境の制限

ハーフセットアップオフィスは、内装工事が完了しているため、オフィス環境のカスタマイズが制限されることがあります。例えば、特定のレイアウトやデザインにしたい場合、既存の内装との調和を図る必要があり、完全な自由度は得られません。また、入居時には既にある程度の設備が整っているため、自社のブランドや業務スタイルに完全に合わせることが難しい場合があります。これにより、企業の独自性やイメージを強く反映させることが難しくなることがあります。

実際の「ハーフセットアップオフィス」のイメージをご紹介

ハーフセットアップオフィスの魅力を理解するためには、具体的な実例を知ることが重要です。このセクションでは、ハーフセットアップオフィスの雰囲気や、またどのような設備が備わっているかについて詳しく説明します。実際の事例を通じて、企業がどのようにこのオフィス形式を活用しているか、そしてその利便性や効果について具体的にイメージしていただけるでしょう。

「いちご目黒ビル」の事例を紹介

JR目黒駅から徒歩6分の位置にある「いちご目黒ビル」の一部区画は「ハーフセットアップオフィス」です。建物の特徴的な形状を活かし、使いやすいレイアウトが設計されています。

最大25名規模の利用を想定しており、8名用の会議室やWEB会議ブースがすでに設置されています。全体的なデザインは木目調やグレーを基調としており、どの企業にも適応しやすいスタイルとなっています。建物のカーブを活かしたカウンターテーブルも設置されており、スペースを効率的に活用できるのが特徴です。

設置されている什器・間取りの紹介

いちご目黒ビル」は、ハーフセットアップオフィスであるため、会議室のデスクや椅子、WEB会議ブースの設備は事前に設置されていますが、執務室側の家具は入居テナントが持ち込む形で完成するオフィスです。

このため、企業は入居後すぐに業務を開始でき、オフィスのカスタマイズにかかる時間やコストを削減できます。また、自社の雰囲気に合った家具を選定することで、短期間で独自のこだわりのオフィスを作り上げることができます。

貴社に最適なオフィス物件を

ご提案します

お急ぎの方は0120-733-336までご連絡ください

貴社に最適なオフィス物件を

ご提案します

お電話でのお問い合わせは0120-733-336

ハーフセットアップオフィスの未来とトレンド

今後のオフィストレンドにおいて、ハーフセットアップオフィスはますます重要な役割を果たすでしょう。企業が迅速に変化に対応し、柔軟な働き方を追求する時代において、ハーフセットアップオフィスの需要は高まると予想されます。特に、リモートワークやハイブリッドワークの普及に伴い、オフィススペースの利用方法が多様化する中で、必要な機能を備えつつカスタマイズ可能なハーフセットアップオフィスは、多くの企業にとって魅力的な選択肢となります。

ハーフセットアップオフィスがビジネスにもたらす長期的な利益は多岐にわたります。まず、初期費用を抑えながら迅速に業務を開始できる点は、企業の資金効率を高めます。さらに、オフィス環境を自社のブランドや業務スタイルに合わせてカスタマイズできるため、従業員のモチベーションや生産性の向上にも寄与します。また、退去時の手間が軽減されることで、移転や拡張時のコストと時間を節約できる点も長期的なメリットです。

スタートアップやベンチャー企業の成長戦略にも、ハーフセットアップオフィスは大きな影響を与えます。これらの企業は急速に成長することが多いため、柔軟なオフィス環境が求められます。ハーフセットアップオフィスは、短期間での入居が可能であり、事業の変化に迅速に対応できる点が、成長戦略に適合しています。さらに、限られたリソースを他の重要な事業活動に回すことができるため、効率的な資金運用が可能です。このように、ハーフセットアップオフィスは、スタートアップやベンチャー企業の成長を支える重要なインフラとして、今後もその役割を拡大していくでしょう。

まとめ

今回は、ハーフセットアップオフィスの魅力やメリット・デメリット、その活用方法についてなどについてご紹介しました。ハーフセットアップオフィスは、初期費用の削減や迅速な業務開始、カスタマイズの自由度といった多くのメリットを提供します。一方で、長期契約の割高感や追加工事の制約といったデメリットも存在します。

これらのポイントを踏まえ、自社のニーズや成長戦略に最適なオフィス選びを検討するきっかけになればと思います。オフィス環境は、企業の生産性や従業員の満足度に大きな影響を与える重要な要素です。この記事が、皆様のビジネスの成功と発展に貢献できることを願っています。

貴社に最適なオフィス物件を

ご提案します

お急ぎの方は0120-733-336までご連絡ください

貴社に最適なオフィス物件を

ご提案します

お電話でのお問い合わせは0120-733-336


まずはお気軽にお問い合わせください。


まずはお気軽にお問い合わせください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

マーケティング事業部主任として、オフィス移転に関する専門知識を提供しております。映像制作の経験から転職し、オフィス移転の営業事務として入社し、その後、マーケティング事業部に異動いたしました。当サイトでは、オフィス移転についての基本から具体的な事例、賃料推移データなどをわかりやすく解説し、オフィス移転初心者の方々にとって有益な情報を提供することを目指しております。お読みいただいた記事が、オフィス移転に関する理解を深めるお手伝いになれば幸いです。