移転費用を大幅にカットできる方法!?「居抜きでオフィスを退去」するとは?


A子さん
オフィスの原状回復費用ってこんなにかかるものなの?!もう少し安くしたい…
社員くん
従来のオフィス移転では必ずかかっていた原状回復費用ですが、大幅にカットできる方法が「居抜きで退去」です。

原状回復費用とは

通常、オフィスを明け渡す際には借りたときの状態に戻してから貸主に返すこと(=原状回復)が義務付けられていることが多く、その際にかかる費用が「原状回復費用」となります。一般的には、オフィスを契約して賃貸借契約書を取り交わす時に、原状回復について事前に取り決めされています。

通常退去と居抜き退去の流れの違い

通常退去の場合は、工事業者・内装業者・引っ越し業者などと何度も打ち合わせをして、いらない家具は廃棄する手続きを踏んでオフィスの原状回復をしてやっと移転・・・となりますが、居抜きで退去を選択することによって入居者(=後継テナント)を探すだけの簡単でお得な移転にすることが可能です。

通常オフィス退去と居抜きオフィス退去の流れの違い
社員くん
時間費用も節約できる退去方法が「居抜き」です。

居抜き退去をするメリットは?

原状回復費用が最大0円!

オフィスを退去する際にかかる原状回復費用の一般的な相場は、小・中規模オフィスの場合、一坪あたり約2~5万円、大規模なオフィスでは一坪あたり約5~10万円です。実際にはこれ以上かかる場合もありますので注意が必要です。

しかし、居抜き退去の場合は、後継テナントに現状有姿で引き継ぐため原状回復費用が免除=コストダウンでき、とても大きなメリットとなります。(壊れた部分や、不要となった造作など、部分的に原状回復費用が発生する場合もあります)

オフィスの原状回復、費用はどれくらいかかる?

什器備品の廃棄料が最大0円!

後継テナントが什器もそのまま使いたい場合は什器備品も置いていくことができますので、その際はもちろん廃棄料をカットすることができます。その場合は、後継テナントと譲渡契約を行います。

解約予告期間の賃料が免除できる可能性がある!

解約予告の満期前までに次の入居者が決まった場合は、合意解約を行い後継テナントに賃貸借契約を移行します。

入居テナントも退去テナントもビルオーナーもみんながオトク!

入居テナント

家具やレイアウトがそのままの状態で借りることができるので家具の購入や内装工事にかかる費用を抑えることができます。また、什器つきならさらにコストダウンも可能です。

退去テナント

原状回復の手間を省くことができます。また、移転の際に家具や設備を移転先に運ぶことや処分する必要がないためスムーズに移転が可能です。

ビルオーナー

通常退去の場合は、次のテナントが入居するまでに時間がかかってしまい、家賃収入がない期間ができてしまいますが、居抜き退去の場合は次のテナントが決まれば家賃収入の途切れる空白期間を作らずすみます。

また、物件によってはリーシングがしやすくなることがあります。そして、原状回復の工事に伴い発生する振動・騒音などの近隣とのトラブルの可能性も低くなります。

居抜きで入居したい人を探す方法とは?

自力で探してみる

まずは、周囲や知っている経営者などに同じような条件で居抜きオフィスを探している人がいるかどうか考える方が多いのではないでしょうか?

実際にTwitterやInstagram、Facebookなどを用いて「居抜きオフィスに入居してもらえる企業を探しています!」と投稿されている方もいらっしゃいます。

ただ、居抜き退去はビルの貸主が了承してはじめて成り立つものなので、そういった知識や各所とのやりとりが多く必要になってきます。反対に、貸主から了承をもらえていればその退去情報は不動産の業者が仕入れる前の一番新鮮なものになりますので、前向きに検討してもらえることもあるかもしれません。

A子さん
自力は大変そうだけど、自慢のオフィスがSNSを通じて拡散できるのは嬉しいわ~!

不動産業者(仲介業者)に依頼する

次に検討したいのが、不動産業者に後継テナントを紹介してもらう方法です。オフィスに強い不動産業者は全国にたくさんありますし、数多くのオフィスやお客様を見てきたプロに依頼するのが一番簡単でトラブルも少なく見つけることができるでしょう。

しかし、業者によっては退去する側からも入居する側からも手数料をとる場合もありますので、実際に依頼する前に確認が必要になってきます。

居抜きオフィスサイトに掲載する

最後にオススメしたいのが、不動産業者が運営している居抜きオフィス専用のサイトに物件を掲載する方法です。

「居抜きオフィス サイト」で検索するとそれぞれの不動産業者が運営している居抜きサイトがたくさん出てきます。そういったサイトに掲載依頼をすることで、居抜きオフィスに入りたいお客様が貴社のオフィスを探しやすくなります。

居抜き専用サイト「vivit」は会員数4000名以上のお客様に情報を完全無料で掲載できるだけではなく、テナントが決まった際にも特別な費用はかかりません。

さらに、営業マンが積極的に居抜きオフィスを多くの顧客にご紹介し、入居するまでトラブルがないよう徹底的にサポートします。

居抜きで募集してからの退去フロー

  1. 解約予告の提出をする。また、貸主・管理会社へ居抜き退去の許可をもらう
  2. vivit」へ掲載し、居抜き募集をする(写真は①お客様自身で撮影 ②弊社スタッフが撮影 がございます。どちらも無料です。)
  3. 原状回復を発注する(後継テナントがいる場合は免除されます)
  4. 契約期間終了後、後継テナントが物件を使用開始する(テナント引き継ぎが前倒しでできる場合は、解約予告家賃の支出が抑えられます)

まとめ

居抜きで退去することによって、オフィス移転にかかる手間や費用を抑えられることが分かりました。また、コロナ禍の影響でオフィスの在り方を見直し、移転をする企業も増えているようです。

居抜きオフィスの活用は、費用削減・効率化・時間短縮の点で大きなメリットが見込めます。

当社のvivitを利用することで、無料で退去者と入居者の希望にそった物件を簡単にマッチングすることが可能ですので、気になる方はぜひこちらからサイトを覗いてみてください。





新着物件お知らせ機能を追加!!
居抜きオフィスサイト「vivit」

居抜きでのオフィス移転をサポートします!居抜き物件を見るには無料会員登録を!







おしゃれオフィスがいっぱい!!
セットアップオフィスサイト「RAKNA」

おしゃれなオフィスに簡単に入居できるセットアップオフィスは様々なメリットがあります!







都心最大級の物件数。エリアや面積から検索可能
オフィス検索サイト「officetar」

約6万棟以上のオフィス物件情報を網羅。エリアや路線、面積から物件を検索、絞り込むことが可能です。