移転費用を大幅にカットできる方法!?「居抜きでオフィスを退去」するとは?


 

従来のオフィス移転の際に必ずかかる費用に原状回復費用があります。いざ見積もりを確認すると、思っている以上の高額で「これは適正な金額なのか?」「もう少し安くならないか?」などの疑問を持つこともあるようです。

そこで、移転の費用を大幅にカットできる嬉しい方法をご紹介いたします!

さらに手軽に!素早くできる!それが弊社が運営している居抜きオフィス専門サイト『vivit』を利用する「居抜きで退去」となります。

『vivit』は会員登録数3,000社、物件登録数1,500棟を誇る 居抜きの入退去に特化したポータルサイトです。

 

原状回復費用とは

オフィスを明け渡す際に、借りたときの状態に戻してから貸主に返すことを指します。一般的には、オフィスを契約して賃貸借契約書を取り交わす時に、原状回復について事前に取り決めされています。

 

通常退去と居抜き退去の流れの違い

※通常退去の場合

  1. 原状回復工事、解体工事について打ち合わせ
  2. オフィス家具の搬出・解体工事をする
  3. 元の状態に戻して返す

 

※居抜き退去の場合

  1. 入居者を募集する
  2. オフィスをそのまま退去する

 

 

居抜き退去のメリット

①原状回復費用が最大0円!

オフィスを退去する際にかかる原状回復費用の一般的な相場は、小・中規模オフィスの場合、一坪あたり約2~5万円、大規模なオフィスでは一坪あたり約5~10万円です。実際にはこれ以上かかる場合もありますので注意が必要です。

しかし、居抜き退去の場合は、後継テナントに現状有姿で引き継ぐため原状回復費用が免除されるのでコストダウンでき、とても大きなメリットとなります。(壊れた部分や、不要となった造作など、部分的に原状回復費用が発生する場合もあります)

 

②什器備品の廃棄料最大0円!

後継テナントが什器もそのまま使いたい場合は什器備品も置いていくことができますので、その際は廃棄料もかかりません。その場合は、後継テナントと譲渡契約を行います。

 

③解約予告期間の賃料が免除できる可能性がある!

解約予告の満期前までに次の入居者が決まった場合は、合意解約を行い後継テナントに賃貸借契約を移行します。

 

④入居テナントも退去テナントもビルオーナーもみんながオトク!

※入居テナント➡家具やレイアウトがそのままの状態で借りることができるので家具の購入や内装工事にかかる費用を抑えることができます。

また、什器つきならさらにコストダウンも可能です。

 

※退去テナント➡原状回復の手間を省ける。また、移転の際に家具や設備を移転先に運ぶことや処分する必要がないためスムーズに移転が可能です。

 

※ビルオーナー➡通常退去の場合は、次のテナントが入居するまでに時間がかかってしまい、家賃収入がない期間ができてしまいますが、居抜き退去の場合は次のテナントが決まれば家賃収入の途切れる空白期間を作らずすみます。また、物件によってはリーシングがしやすくなることがあります。そして、原状回復の工事に伴い発生する振動・騒音などの近隣とのトラブルの可能性も低くなります。

 

居抜きで退去したい人とのマッチング方法

①無料で次の入居者とマッチング

当社のvivitサイトを通じて新しい入居者を募集致します。特別な費用は全くかかりません。居抜き募集期間中に新しい入居者が決まれば、原状回復費用を大幅に削減することが可能です!

 

②vivitサイト掲載のみじゃなく、独自の営業からも積極的に当社顧客へご紹介!

居抜き退去を支援致します。

 

 

居抜きで募集してからの退去フロー

  1. 解約予告の提出をする。また、貸主・管理会社への居抜き許可をもらう。
  2. 当社との打ち合わせを行う。テナントの写真撮影を行い、vivitサイトへ掲載し居抜き募集をする。(写真はお客様から頂戴することも可能)
  3. 原状回復を発注する(後継テナントがいる場合は免除されます)
  4. 契約期間終了後、後継テナントが物件を使用開始する。(テナント引き継ぎが前倒しでできる場合は、解約予告家賃の支出が抑えられます)

 

まとめ

居抜き退去はオフィス移転にかかる手間や費用を抑えたい企業におすすめの物件となります。コロナ禍の影響でオフィスの在り方を見直し、移転をする企業も増えているようです。

居抜きオフィスの活用は、費用削減・効率化・時間短縮の点で大きなメリットが見込めます。

当社の『vivit』を利用することで、無料で退去者と入居者の希望にそった物件を簡単にマッチングすることが可能です。

 

最後に…オフィスの居抜き退去の具体的なやり方

こちらの記事を最後までお読みいただきありがとうございます。

当社がおすすめする居抜きで退去する簡単なやり方をご紹介します

① 自社のオフィスを写真で撮ってアップする方法

・・最終掲載は許可をいただいてからアップし、モザイク加工などは当社で行います。

▶ https://www.officetar.jp/furnished/out/

 

② 専属担当に撮影から掲載まで依頼する方法

・・リンク先からスケジュール調整が可能です。

▶ https://waaq.jp/p/officetar/inuki-vivit#/

当社スタッフがトラブルが無いように丁寧にフォローいたします。
お気軽にお問い合わせください。


居抜きオフィスでコストを抑えた移転を実現

前入居者の内装造作や什器を引き継ぐことで移転費用を大幅に削減することができます。



都心最大級の物件数。エリアや面積から物件を検索

約6万棟以上のオフィス物件情報を網羅。エリアや路線、面積から物件を検索、絞り込むことが可能です。