【日比谷パークフロント】日比谷公園の自然と調和する空間 2つの駅から直結するハイスペックビル(オフィステナント募集情報)

「日比谷パークフロント」は、東京都千代田区内幸町に位置する地上21階・地下4階建のオフィスビルです。2017年5月に完成し、ケネディクス株式会社、東急不動産株式会社、日本政策投資銀行(DBJ)の3社が共同で再開発しました。

このビルは旧新生銀行本店ビルの跡地に建設され、日比谷公園の植物相を調査して選ばれた100種類の植栽が、建物内外に配置されています。「公園の中のオフィス」をコンセプトに掲げ、豊かな緑に囲まれた快適なビジネス環境を提供しています。

今回は、実際に内覧会に参加した際の所感を含めて「日比谷パークフロント」の特徴や魅力、施設や設備について詳しくご紹介します。

目次

「日比谷パークフロント」の基本情報

「日比谷パークフロント」は、東京都千代田区内幸町に位置する地上21階、地下4階建のオフィスビルで、2017年5月に完成しました。このビルは、ケネディクス株式会社、東急不動産株式会社、日本政策投資銀行(DBJ)の3社が共同で再開発したプロジェクトです。

旧新生銀行本店ビルの跡地に建てられ、延床面積は67,123.88平方メートルに及びます。オフィスフロアは、約630坪の無柱空間が広がり、天井高は3メートルと開放的で、フレキシブルなレイアウトが可能です。

「公園の中のオフィス」という独自のコンセプトのもと、隣接する日比谷公園の自然環境を最大限に活かしています。敷地内には100種類の植栽が配置され、建物内外に豊かな緑が広がり、快適なビジネス環境を提供しています。エントランスホールやスカイガーデンなどの共用スペースには緑が取り入れられ、オフィスワーカーにリラックスできる空間を提供しています。

また、環境への配慮も徹底されており、DBJ Green Building認証では最高ランクの5つ星を取得しており、エネルギー効率の高い設備や生物多様性の保全に取り組んでいます。

物件概要

名称日比谷パークフロント
所在地東京都千代田区内幸町2-1-6
主要用途事務所、店舗、駐車場他
高さ101.575m(最高高さ108.975m)
建築面積3,197.29㎡
延床面積67,123.88㎡
規模地上21階・地下4階・塔屋1階建
構造鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造/制震構造
事業主グリーンアセットインベストメント特定目的会社
(ケネディクス株式会社、東急不動産株式会社、株式会社日本政策投資銀行)
施工鹿島建設株式会社
竣工日2017年(平成29年)5月
空調設備個別空調
駐車場平面式132台
エレベーター17基(乗用:14基、人荷用:1基、非常用:2基)
光回線引込済

アクセス

オフィス移転で

お困りではありませんか?


まずはお気軽にお問い合わせください。

オフィス移転で

お困りではありませんか?


まずはお気軽にお問い合わせください。

目次