明治安田生命新宿ビル再開発と新宿駅西口大規模一体開発


明治安田生命新宿ビルと周辺の解体工事開始

明治安田生命は、明治安田生命ビル含め合計7棟の解体を進めます。

解体されるビルは、1)明治安田生命新宿ビル2)明治安田生命新宿ビル別館3)第一スカイビル4)高倉第二ビル5)明治安田生命新宿第三ビル跡地6)永和ビル跡地7)KSビル です。

施工は大成建設が担当、解体区画は約6300平方メートルに達します。

解体の工期は2022年8月31日までを予定しています。

(仮称)西新宿一丁目地区プロジェクトはいつ完成?

建て替え後の「西新宿一丁目地区プロジェクト」は2025年の竣工を予定しています。

敷地に隣接する街路や、駅前広場、プラザ通りに沿ってセットバックさせオープンスペースを確保し、憩いと賑わいのある空間を形成する計画のようです。

(仮称)西新宿一丁目地区プロジェクト概要

所在:東京都新宿区西新宿一丁目9-1他

階数:地上23階、地下4階

敷地面積:約6,300㎡

延床面積:約97,000㎡

構造:鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄骨造

用途:事務所、商業、ホール、駐車場など

建築主:明治安田生命保険、他

竣工:2025年(予定)

(仮称)西新宿一丁目地区プロジェクトの完成予想イメージ

(仮称)西新宿一丁目地区プロジェクトのイメージ

駅前広場を取りか囲むような夜間景観を演出

断面図※高さ約130m

配置図

マップ

今後の駅前開発のイメージ

JR東日本と小田急電鉄、東京地下鉄による駅前再開発も計画されています。

地上48階建て高さ約260mの超高層ビルへの建て替え再開発『(仮称)新宿駅西口地区』を計画しているようです。

1885年の新宿駅開業により、東口を中心に店舗、劇場が立ち並ぶ巨大な繁華街を形成してきました。新宿駅周辺には築50年以上の古い建物が多く存在し、駅や駅ビルも老朽化が進んでいます。新たなグランドターミナルに生まれ変わる日が楽しみですね。

小田急百貨店の大規模再開発も動き始めています

京王百貨店も高層化を描いている?

回遊性の高い駅前ロータリとなりそうです

歩行者優先の駅前広場に再構築し、歩行者空間の拡大を検討しています

(仮称)新宿西口地区の概要

所在:東京都新宿区西新宿一丁目1の一部

階数:地上48階、地下5階

高さ:約260m

敷地面積:約15,720㎡

延床面積:約281,700㎡

用途:商業施設、事務所、駅施設

着工:2022年度予定

竣工:2029年度予定

【新宿の大型賃貸オフィス一覧特集はこちらから】



居抜きオフィスでコストを抑えた移転を実現

前入居者の内装造作や什器を引き継ぐことで移転費用を大幅に削減することができます。



都心最大級の物件数。エリアや面積から物件を検索

約6万棟以上のオフィス物件情報を網羅。エリアや路線、面積から物件を検索、絞り込むことが可能です。